スポンサーリンク

質問する事は悪い事じゃない!考えない事が悪いんだ!

仕事術

こんにちはウタオです!

仕事をやり始めたら、必ず先輩に仕事を教えてもらうと思うんだけれど。その時に「わからない事あったら何でも聞いてね!」と言われるよね?その時に

「どこまで聞いていいんだろう?」ってなりませんか?

先輩は何でも聞いてと言ってるけど、先輩も仕事で忙しそうにしてるのに大丈夫なのか?これは気まずいですよね?

だけどね。先輩は質問してくれないと心配なんですよ?先輩の心内では。

ちゃんとできてるのかな?どっかミスしてないかな?と心配してるんですよね。だったら気を使わずに聞きまくりましょう!

聞いて聞いて聞きまくりましょう!笑笑

聞く事は悪い事じゃ無いのだけれど、何がダメかというと。

考えない事がダメなんですよ!

何も考えずに何でもかんでも聞いてたらダメなんですよ!言ってる事が矛盾してるんだけど、この違いわかりますか?

先輩はわからない事があったら聞いてね?と言ってるんですよ!この違いが大きな違いを生むんですよね。

なので今回はこの質問する事は良い事なんだけど、聞いて怒られる事等を詳しく話していきましょう!

それじゃいってみましょう!

スポンサーリンク

質問して良い事、悪い事。

早速ですが、アナタはどんな質問を今までしてきましたか?もしくは後輩からどんな質問をされた事がありますか?

この質問した時は怒られたとか、この質問されたらイラっとしたとかありませんか?おそらくそれが、良い質問と悪い質問の答えなんだと思うんですよ。

どうですか?思いあたりましたか?

それじゃ僕なりの良い質問と悪い質問の例をあげていきますね。

悪い質問とはいったいなんなのか?僕なりの見解は

  • 当たり前の事
  • 考えればわかる事
  • 何回も質問した事

この3つだと思うのですが、いかがでしょうか?解説していきます。

1・当たり前の事

当たり前の事ってなんでしょうか?答えは簡単ですね。例えば

名前を記入してくださいって書いてあるのに。「どこに名前を書けばいいんですか?」って質問されたら書いてあるじゃん!ってなりますよね?

もっとわかりやすく言えば鉛筆を手で持って。「これは鉛筆ですか?」って聞いたらイラっとするでしょ?笑

これが当たり前の事です。当たり前というか普通の事ですよね。

そんな事きくか?普通ってやつですよね。これ鉛筆ですか?はヤバイやつですよね!笑

2・考えばわかる事

二つ目は「考えればわかる事」ですが。

これは当たり前よりは少し頭を使えば分かる事なんですが。例えば

美容師の場合ならお客様によって出す雑誌が違うんですが。これは年齢だったり、お客様の雰囲気によって全然だす雑誌が違ってくるんですよね。だけどこれは雑誌の年齢層を少しだけ教えてもらえば考えれば分かるんですよ。だけど考えない。これは完全に思考停止ですよね?

少しだけ考えればわかるのにワザワザ聞くのはどうなんでしょうか?確かに変な事して怒られるのは嫌ですよね?だけど毎回考えずに仕事してたらいつまでたっても、仕事はできるようになりませんよね?

失敗しても初めのうちは全然余裕ですよ!だから考えれば分かる事はきかないで自分でやってみよう。

3・何回も質問した事

これは「考えればわかる事」に近い物がありますが。何回も何回も同じ事を質問されたらどう思います?僕だったら。

「こいつ何回一緒の事を質問するんだろう?聴いてないんじゃないのか?」と思ってしまいます。

そりゃそうですよね?何回も同じ事えお質問せれたら絶対聴いてないし、覚える気もないんじゃないか?と思われて仕方ないですよね?

確かに発達障害があったりすると良くあるみたいなんですが。こうゆう子達は理解してるので、メモを取ってなるべくそうならない努力をしてる子達が多い気がします。

メモもとってないのに何回も質問されたら、メモっとけ!と怒られるのは仕方ないですよね。

この3つが思い当たる人は頑張って改善しよう。改善方法は簡単。

よく考える事だ!よく考えてメモをとるなり忘れない方法を考えよう。

良い質問とは?

良い質問とは一体どうゆう質問だろうか?これを考えていこうと思う。

僕の中で良い質問とは。

  • 初めてやる事
  • 効率化するための質問
  • チャレンジ精神のある質問

この3つが良い質問なんじゃないでしょうか?詳しく説明します。

1・初めてやる事

この項目に関しては説明するまでもないと思いますが。初めて取り掛かる仕事や、やった事のない事への質問です。これを質問させるだけでも会社としてはどうなんだろう?って感じはしますが。

この事に質問して怒られてら僕だったら辞める方向で考えますね。だってやった事無いんですからね!笑

2・効率化するための質問

二つ目は効率化するための質問ですね。これは仕事をしていると。

「あれ?これってこうした方が良いんじゃないのか?」って思う事ってあるとおもうんですよ。そしたら先輩に。

「これをこうして、あーしてやったら効率良い気がするのですが。どうでしょうか?」と質問するってことですね。

これは良い質問じゃないですか?生意気な感じしますか?僕だったらコイツ色々かんがえて頑張ってるんだなと思いますし。先輩側からしても「あーさうゆう考え方もあるし、楽だな!」って思うこともできますよね!これはお互いに良い質問ですよね!

自分のためでもあるし、会社の為にもなる質問は非常に良いですよね!

3・チャレンジ精神のある質問

三つ目のチャレンジ精神のある質問なんですが。これは例えば

自分は今やってる仕事だけじゃ物足らず、色んな仕事もしてみたい!とか。先輩の仕事も手伝わせてください!みたいな質問です。

「自分の仕事終わったので、何か他にやることありませんか?」とか

「この仕事もっと詰めて考えたいので一緒に考えてくれませんか?」とかです。

こんな後輩いたら焦るくらいやる気あるな!こいつ!ってなりますよね?これくらいの気持ちで仕事してると教えがいもあるし、なんだか嬉しくなりませんか?これは非常に良い質問ですよね!

この3つの質問で怒られたりするような会社にいるんだったら。上司が悪いか会社が悪いんで辞めるか、自分が上司になるまで我慢するしか方法は無いので考える基準になるんじゃないでしょうか。

質問する事は悪いんじゃない!考え無いことが悪いんだ!

質問する事は悪い事なんじゃない事は分かってもらえたと思います。要するに「考え無い事」が悪いんだって事なんですよね?

考える事もせず聞けばいいや!で終わらせるからダメなんですよ。考えても答えが見つから無い。むしろ答えを知ら無いことを質問するのは良いことなんですよね。

そこを履き違え無いようにしよう。よく考えて質問する分には評価が上がる事だって間違いなくあるからね!

まとめ

僕も昔は良く怒られたもんですよ。そんな事もわからないのか!と。

だけどそれは本当に知らなかったし、聞いた事もない事だったにも関わらずですけどね!笑

あれは完全にイジメですよ。だけどそのおかげで自分で考えて分からない事があれば自分で調べる。それでも解決しなかったら信頼してる人にだけ質問するって事を覚えました。

人が多いとみんな違う事を言ってくる場合があるので。信頼できて先輩からも後輩からも仕事を任せられる先輩だけに質問するようにしてましたからね。それで違う先輩から「なんで俺には何も質問しないの?」って言われた事もあります!w

まー結局怒られるんだったら自分のプラスになる方がいいじゃないですか!だから本当に意味のある質問をするように心がけるだけでも。仕事ができるようになるし、周りからも信頼されるようになりますからね!

質問する力って本当に大事なんで少しでも参考になってれば嬉しいです!僕も質問どんどん受け付けてますからね!

それじゃ!ウタオでした!