スポンサーリンク

良い情報をいかに取れるかが勝負だ!良い情報を得る為にした方が良い事。

5G

こんにちはウタオです。

毎日毎日情報に触れてますか??もうね何も考えなくても情報には触れ無いといけない時代ですよね?なんか江戸時代と比べると何万倍もの情報に触れてる状態らしいですね?もっとかもしれないけど、まーとりあえず江戸時代よりもっと前の時代にくらべても、明治大正昭和と比較してもね、平成や令和はもっともっと情報が流れこんでくるんですね。

これはね昔ね日本人がまだマゲを結っててね着物が普通の時代だとね、情報を得る為には『書物』や『人伝い』しかなかったんですよね。本なんて物凄く高かったみたいですしね、瓦版とかいってね何かニュースがあると木の板に手書きで書いた新聞みたいなのが貼り出されるだけですからね。

そんな時代に比べたらもう圧倒的ですよね?農家の人とか武士でさえ遠くの同じ日本の情報さえ何日か後になって知るんですからね、しかも人が走って手紙を届けるとか、馬を走らせるとか超原始的な方法でね。

でも今は世界中の情報がほぼ誤差なく届く時代ですね?どこの国にいようが、どれだけ距離が離れていようが、得たい情報はすぐに得る事ができるって本当に凄い時代になりましたよね。

もうこの100年位でかなり変わった世界です。これをチョンマゲの人が見たら腰を抜かしますわな。こっからまた100年もたったら間違いなく更にヤバい事になってますわな。

こんなに情報が溢れてる世界で『良い情報を得る事が大事になってくるんですね。』情報が溢れてるって事は『悪い情報』ってのも溢れてるんですね。

悪い情報ってのは『嘘の情報』だったり『どうでもいい情報』だったるの事ですね。そんな情報をいかに排除して『良い情報』を取っていく必要がありますね。なので今回のテーマは

『良い情報を得る為にした方が良い事』

について話していきましょう。これを見れば良い情報を得る事ができるようになります。

それじゃいってみよう!

スポンサーリンク

とりあえず情報に触れまくる

もうね良い情報を得る為にまず大事なのが

『情報に触れまくる』です。

もうね最初の第一ステップとしては必須ですね。兎にも角にも情報に触れまくるんですね。そうする事によって『良い情報』か『悪い情報』かを判断できるようになってきます。

まだ信じれないですよね?詳しく話していきます。

情報に触れまくってると何が起きるか?それは

『情報の中で矛盾が生まれるんです。』

これなんとなく分かりますかね?例えば天気予報の話しをしていくと、あるサイトには晴れって書いてあるのに、違うサイトには雨って書いてある。これって矛盾してますよね?

「イヤイヤ!まじでどっち??」ってなりませんか?って事はですよ?この天気予報に矛盾が生まれてるけど、今日はお出かけするから傘入るかどうかハッキリさせておきたいじゃないですか?ってなったらどうしますか?もっと調べますよね?

その中で確立が高い方の天気を信じると思うんですね。この『もっと調べる』をする事が大切なんですね。物事を深堀するというか。

結局一個の情報にしか触れないってなったら、その一個の情報しか真実にならないじゃないですか。その自分の中で一個の真実の物しか知らないって事になりますよね?

そうなってくるとその一つの情報が真実じゃなかったら最悪ですよね?もう終わりですよね?でもの状態になりやすいんですよね、情報にあまり触れない人たちってね。

お爺ちゃん、お婆ちゃんが良い例ですよね?

ご老人達の情報源って今も昔も『新聞』か『テレビ』もしくは『ラジオ』ですよね?これってまずね『新聞』って結局は昨日のニュースじゃないですか。1日遅れで情報を得る事になるんですね。

これだとまず微妙な感じしますよね?テレビもそうですよね?録画した映像を編集して世に出したり、生放送でもある程度は台本が決まってますよね?ラジオもど同様ですよね?

って事は古い情報に触れてる事になりますし、基本的に会社が不利になるような事は一切発信しませんね。

だからテレビも見て新聞も見てラジオも聴いてるだったらまだ良いですよね?そこで矛盾が生まれて考えるんでね。でも今のテレビとかは『本当に伝えないといけない事は伝えてないと感じますね。

だから無駄にティッシュが無くなったりとかするんですね。情報のすり合わせが足りないから起こる問題ですね。

今はSNSを活用して死ぬほど情報も得れますし、ニュースも常に最新の物が発信されてます。この情報を取りまくる事で矛盾を見つけてください。

その矛盾をおかしいと思わないのはちゃっと違いますよね?

信頼できる情報を見つける

でね矛盾を追求し続けるとですね「あれ??この人が言ってる事は大体当たってるな」って思う人やサイトが出てきます。

これは常に矛盾を検証し続けないと見つける事は難しいですね。

もしくは自分と考えが似てるって人も出てきますね。そんな人の生き方とかは自分に合ってる事が多いですね。

って感じで自分の中でしっかり確認しながら情報を取っていく、その中で信頼できる情報を取っていけるようになるんですね。

そういう風に生活してると、「あーこの人は大した事いってないなー」とか「あーこれは人を集める為に入ってんだろうなー」って感じで分かるようになってきますからね。

そうなると自分の知識の幅も広がってるし、間違いなく有益な情報を得る事ができるようになってますからね。

一人の人を盲目的に信じろって事じゃないですからね?しっかり自分で信頼できるかどうかを常に疑う事が大事って事ですね。

まとめ

今は本当に嘘の情報が流れる事が多いです。これは何も考えてないと騙されますよね?どこの誰だかをからない誰かが言ってる事を信じてします。もしくは凄く有名だからって理由で全部を鵜呑みにしてしまうパターンもありますからね。

真実かどうか?この情報は意味ある事なのか?本当なのか?って事を常に考える事をしないといけないんですね。

いろんな情報が行き交ってるからこそ、その中からいかに本当の情報を得るかが勝負なんですね。

情報は歪んで耳に入ってくる事は多々あります。その情報のせいで人間は容易に踊らされますからね。オイルショックの時も不安を煽る記事が行き交って、間違えた情報で民間人に伝わってしまった結果トイレットペーパーが無くなりました。

今回の『コロナショック』も同様ですね。なぜかティッシュが無くなると誰かが言えば、ろくに調べもせずに買い占めが起こる。そして負の連鎖で「ヤバイ!本当にない!」となって、また買い占めが始まるって感じですね。

みんなが本当の情報を持っていれば、売り切れなんて起こらないんですよね?嘘の情報に踊らされて、その小さな嘘が大きな波になっていくんですよね。

本当に人間は脆い生き物です、僕もその一人ですけどね。でもちゃんとみんなが情報をしっかり理解して、いろんな事に疑いを持って頭を使って行動する。そうすれば間違いなく良い世の中になっていくんですよね。

意味のない情報のせいで色んな人が苦しんでます。今は『コロナショック』のせいで飲食店がヤバイみたいですけどね。でも僕はそれさえも疑ってますけどね?真実はどこにあるんだろう?ってね。もしかしたら『コロナショック』のせいで潰れそうになったんじゃ無いんじゃないか?って事とかね。元々から経営がずさんだったんじゃないか?とかね。

そこはまた違う話しになってくるので、またの機会にしておきますね。

良い情報を取っていく助けになったら幸いです。

それじゃウタオでした!