スポンサーリンク

自己ブランディングってどうしたらいい?簡単に自己ブランディングする方法

人間関係

こんにちはウタオです!

ブログを書き始めてから色々な人から反響いただいてます。初めたばかりの頃は雑記ブログみたいな感じで多種多様なブログを書いてました。でも最近はずっと自己啓発系で攻めてます。

自己啓発だけで半年くらい発信してると『ウタオは自己啓発系』とイメージがつく。これって『自己ブランディング』ですよね?

僕は意図的にそうなるように発信してました。でも世の中には「自己ブランディングしたいけど、そうしたらいいか分からない!」って人が結構多いと思います。

結論からいいますと。

『自分がなりたい自分に近い行動をとる』

ただこれだけです。自分が「あーこうゆう人に見られたい!」って人になれるような行動をしていくだけなんですね。

今回は『自己ブランディング』について詳しく書いていきますね!それじゃいってみよう。

スポンサーリンク

自己ブランディングに必要な物

自己ブランディングに必要な物は基本的にありません!これは自分のなりたいイメージが服装や物が必要なのであれば必要ですが、もしそうじゃ無い場合は物は入りません。

必要なのは『やりきる気持ち』これだけです。

自分のなりたいイメージに近ずく為の行動をやりきるだけです。この『やりきる』ってのが本当に難しい。なにがなんでもやる!たったこれだけの単純作業なのにです。

すごく極端な例でいくと『めちゃくちゃ甘い物が好き』だとするじゃないですか?でも自分の自己ブランディングのイメージは『甘い物を食べない』ってイメージだとする。そうなってくると?甘いもの食べれないですよね?

これって辛くないですか?本当に辛いと思うんですよ!でもこれを絶えないといけない。この例は極端な話なのですが分かりやすいかな?と思います。

それでもやり続けるだけのメンタルが必要になってきます。

自己ブランディングには時間がかる

自己ブランディングは一朝一夕ではできません。本当に長い時間が必要です。自分がどうゆう人になりたいのかイメージしたら、長い時間をかけて周りに認知してもらう必要がある。

結局自己ブランディングって周りが認知したらオッケーって事なんで。いくら自分がそう思ってなくても、周りがそう思ってたら自己ブランディングはできてないわけですからね。

そうなってくると時間がかかる。一人二人が認知してくれるだけじゃ足りないんですよね?周りの人がだれでもアナタにたいして、そのイメージでいてもらわないといけない。

この為にには最低でも半年は頑張る必要がある。でも半年経って「やーめた!」ってやってしまうと時間がもったいないし、周りからも疑問を持たれます。なので一回付けたイメージは崩さない努力も必要になってくるんですね。

考えて発言して行動する

自己ブランディングをする時の行動パターンは

『考えて発言して行動する』

これで自己ブランディングの公式は間違いないかと思います。

・考える

自分はどうゆう人になりたいのか?周りにどう思われたいのか?どうゆう成功を手に入れたいのか?これを考える。

・発言する

自分はこうゆう人間だ!と周りに言ったり、言わなくてもいい事は言わないようにするって感じですね。これもある意味行動ですけどね。

・行動する

行動は発言と一緒ですけど自分のイメージに合わせた行動を取るって事ですね。前章の『甘いものを食べないキャラ!』にしたいのなら『甘いものを必死に我慢する』って事ですね。

これをやっていくだけです。

考えるのはイメージだけでいいです。後は行動しながら考えましょう。考えすぎて行動に移せないのが一番意味のない事ですからね。

思い立ったら行動あるのみ

自己ブランディングの目標が決まったら前章の公式をグルグル回っていきます。考えて発言して行動するをサイクルにしていくイメージですね。

だけど初めです!最初の最初。この時に考えすぎが一番よくない!

「こうなりたい!」ってイメージができたとして、「どうそのイメージに近ずくか?」と考えると思うんですよ。この時注意しないといけないのが。

『考え過ぎたり調べすぎてるだけで行動しない』

これは避けないといけない。ならどうするか?答えは簡単です。

『何も考えずに行動しちゃえ!』です

イメージだけで行動しちゃえばいいんですよ。多分こうゆう人はこんな感じの行動とってるだろうな?ってイメージでやり始めてしまう。それで行動しながら考えて改善していくイメージですね。

全く的外れな事してしまう場合もあります。だけど行動して改善していったほうが身になりますし、成功しやすいですからね。

とりあえず行動!って事は忘れてはダメですからね。

考える事はやめちゃダメ!

さっきからダメダメいってすいません。。。でもこれが本当に大事なんですよ!『考える事をやめちゃダメ!』なんですよ。

自己ブランディングをしていく上で、おそらく自己満になってくる可能性がでてきます。自分では完璧に自己ブランディングへ進んでると思ってたとするでしょ?だけど周りは全然そう思ってない可能性があるんです。

この状態になると自分の思ってる自己ブランディングと全くの別物になる可能性がある。自己ブランディングってのは周りに認知されるのが目的でしたよね?なのに人目を気にせずにやってても意味がない。

それで上手くいけば問題ないんですよ。だけどそうじゃない場合は考えないといけない。ちゃんと考えて勉強して行動するんですよ?

行動して「なんか違うな?」と思ったら考える本当それだけなのでやってみてね!

自己ブランディングが上手くいったら

これで自己ブランディングが上手くいったらどうするか?それはその自分のブランドで次は何をするかを考えましょう。

ブログで自己ブランディングの事を書いたり、自分にブランド的価値が見出せたのなら自分を使って何かを売ればいい。ここまでくれば安泰でしょう。

でもここでも注意があります。はっきりいってイメージて簡単に壊れますからね。だから自分のブランドイメージを崩さない努力がいるって事ですね。

ちょっとしたきっかけで崩れます。ずっと継続しないといけません。でもそれくらい無茶をしても返ってくる物を大きです。

それくらい自己ブランディングは大事な物です。逆を言えば自分のイメージがついてしまったら、違うイメージをつけるの難しい。崩す事は可能だけど、それはがっかりさせてる事なだけです。

自分のイメージと違うイメージをつけるのには更に努力がいりますからね。

まとめ

今回は『自己ブランディング』について書かさせていただきました。でもなんでブランディングの事を書こうと思ったか。それは結局ブランドイメージが大事なんだよな?って思ったし実感したからですね。

ハイブランドってなんで高いかわかりますか?おそらくほとんどの人が答えれないと思うんですよ。「なんとなく」みたいな回答になると思います。

そうなんですよ『ハイブランド』ってイメージですよね。なんか知らないけど高い。これがハイブランドのイメージです。

もちろんいろんな理由がありますよ。だけど世間の見解をしてはそんなイメージなはず。

って事は自分のブランドイメージさえあれば仕事も上手くいくんじゃない?って思ったんですよね。

美容室だってそうじゃないですか?料金高いところと安いところあるでしょ?それも結構イメージじゃないですか?もちろん高いだけのサービスがあるので比べるのは難しいです。だけど髪を切れればいいだけの人からしたらどっちでもいいわけで。

自己ブランディングがあれ自分を売り込む時にも有効。かなり意味をなしますからね!

本当に時間はかかるし根性もいるから大変だけど、やる価値ありですよ!よかったら試してみてね!

それじゃウタオでした!