スポンサーリンク

自分を常に成長させないといけないんだねって話

人間関係

こんにちは!!ウタオです!!!

若い時はさ早く仕事をやめてーって思ってて、マジで仕事を頑張って辞めてやろうとか思ってたんだよね。でも現実はそんなに甘くなくてさ、一生懸命に仕事をすればするほど仕事の質が変わるだけど辞める事は難しいって思うよねw。

もちろん途中で引退して余生は適当に遊んで暮らすみたいな人もいるけど、それって何かウタオ的にはつまらないなって思ってるんだよね。ってなるとある程度の歳になるまでは仕事を頑張ってやる方が良いなって結論に至ったんだよね。

そうなると最初にも言った通り『仕事の質が変わるだけ』ってのが気になる所だよね??本当にこの言葉に尽きるんだよね。

仕事ってさある程度の段階みたいな物があるんだなーって感じでさ。これも今やってる仕事によって全然違うんだけどね。だけど入社した時から2年目とかでも仕事内容って大きく変わっていくじゃない??

10年目になったら1年目の時とは全く違うよね?それが30年40年となってきたら尚更だよね。

でねこの階段を上がっていくと学ぶ事が全く変わっていくんだよね。そしたら「あれ??マジでこんな事も知らなかったのか??」って本当に思うんだよね。

常に未来を予測する事はまず不可能だけど、『常に何かを学んで備える事はできるよね?』

自分のやりたい事に集中するのは良い事だし、熱中する時間も大切なんだけどね。だけどそれだけに囚われてると後で痛い思いをする事になるかもよって事なんだよね。

結局さスポーツばっかりやっててだよ?それでスポーツ選手としてやって行けなくなった時にメチャクチャ困るじゃない?

ウタオなんかは美容師なんだけど、美容師って基本的に技術職だからさ技術の練習ばっかりするわけなんだけどね。そうなると自分でサロン経営なんかする時に困るわけなんだよね。

「技術が上手ければ絶対に大丈夫」みたいな昔ながらの風潮がどうしても拭えなんだよね。これによってドンドン潰れていく美容室をいくつ見てきた事か。

生半可にある程度は経営ができてしまうから困った物なんだよね。これが。

結局さ美容師も技術以外の経営だったりマーケティングだったりね。後は人間関係もある程度は勉強してかないとキツくなってくるんだよね。だから美容室のオーナーだけやけに忙しくて、他の人はマジで暇そうな美容師室も結構あるじゃん??あんな風になりかねないんだよね。

マジで休んでる暇なんてないからねw。「技術だけマジメにやってれば売れるんだよ!」みたいな事は全くないからw。売れてる美容師がうまいって事じゃないんだよ本質はね。

「なぜ自分は売れたのか?」って事を言語化できる人が非常に少ないって事なんだよね。

そういう事に気づくのも勉強がいるし、伝えていくのにも勉強がいるわけじゃない?だから「これだけやってればいい!」って言ってるのは、やっぱり違うんだよね。

何度も言うけど常に成長する事を忘れたらダメだよ?自分の中で「これで大丈夫」なんて思ってたら終わりだからね。新しい事をドンドン求めていこうよって感じなんだよね。

ウタオもこれから頑張ってくわ。トップで居続けるのも大変だしな、ある程度の所でバトンタッチする事も考えていかないとだからね。それまでは一生懸命にやるよ!

それじゃウタオでした!