スポンサーリンク

美容師の料金設定について考えてみる

お仕事

こんにちはウタオです。

ウタオは美容師なのですが美容室によって『料金設定』って全然違いますよね?これって基本的には料金は勝手に決めていいからそうなってるんですね。

どの分野でも大体の相場は決まってるけど、統一して絶対にこの値段じゃないとダメ!!って物はあまりないと思います。

でね美容室によっては高額の美容室もあるし、凄い低価格の場所もあるんですよね。でもこれってなんでなんでしょうね?色んな経営者の話をきく事もあるけど。

『サービスの違い』

って事はよく言われますね。でもこれってそんなに大差ないと思うのはウタオだけですかね?ドリンクが出るとか??ケーキが出るとか??色んなサービスありますけどね。

低価格の美容室でもドリンクは出てきますしね。高額の美容室にいっても基本はアシスタントがやるとかね。なんだかどっちの方が良いんだろ??って感じしません?

ぶっちゃけ『人による』って感じなんでしょうけどね。

なんでも良いから髪が短くなって早く終わりたいって思えば1000円カットでも良いですし、自分でザクザク切れば0円ですしねw。そういう人も中にはいるでしょうね。

何が何でも銀座の美容室じゃなきゃヤダ!!って人もいると思うんですよね。そうなると高額でも別に良いって人はそっちに行くでしょうしね。そんな銀座内でも低価格や高価格って感じで別れてるでしょうけどね。

経営者目線で考えるとできるだけお客様を入れたいんですよ。そうなってくると料金なのかサービスなのか??で迷ってしまうんですよね。サービスの中に技術も入ってきますからね。

本当にお客様目線になったら低料金で最高のサービスってのが理想ですよね?でも従業員の数が多かったり、リッチの良い場所の美容室がある場合は諸経費がエグいくらいにかかるんですね。

できっと大きなサロンを作るって事はそれだけの借金もしてる可能性もあるんですね。その返済もあるしだからサービスの関しては美容師の場合は個々の努力になってくるんで、お金はかかりませんよね?

ドリンクなんかはそんなに痛くないです。だからお客様に大量に来店してもらわないといけないんですね。で高額であっても来てくれるなら最高なんですよね。

そうなってくるとある程度は広告も打たないといけないんですよね。それだけでもかなりの金額になってくると。まーお金かかりますからね。都会の激戦区になれば料金は跳ね上がりますしね。

だから都心部は料金設定が高額になってしまうし、アシスタントを使ってお客様を無理に詰め込む必要が出てくるんですね。一気に何人も対応しないといけない事態になるんですね。

でそんな好立地の場所でも低価格でやってるサロンってあるんですね。そんな店は現状はかなりキツイと思います。良い場所なのに料金が安いって事は人件費も削ってるし、大量に予約も入れてる可能性大ですね。

そうしないと採算が合わなくなってきますからね。これは仕方のない事なんですね。実際どんな事業でも赤字になる事は避けたいですよね?もう超超富裕層で趣味で適当にやってるんだわ!って人なら良いんですけどね。そんな人はほぼいないでしょうからね。

絶対に赤字にならないように徹底的にやってきますからね。そうなるとスタッフの力量にかかってきますよね。低料金であった場合は『お客様に深いにお思われず技術もめちゃくちゃ早い』みたいなね。

待たせても大丈夫なようにやるんですからね。まーストレスも溜まるしヘトヘトになりますよね。

高価格であればさらに大変ですよ。料金を高く設定してさらにお客様も大量にやるって感じになりますからね。クレームも多くなってきます。

カットが2000円で少し不快な部分があったとしますよね?同じ不快レベルでかっと2万円だったら確実に2万円の方が落胆しますよね?なのでマジでピリピリしてますよねw。

なんでどちらが良いとかじゃないんですよね。都会は特に厳しいでしょうね。

田舎の場合は色んなものが安いんですよね。そうなってくると技術料も少し低価格になってきます。お客様もそこまで大量にやらなくても採算はあってきますからね。

なので結論は『田舎最強』って事になってきますね。料金も高額すぎないし、予約もそこそこは余裕を持ってこなせますしね。ゆっくり過ごしたいのなら個人で一人でやってる所にいけば静かで良いでしょうしね。

自分の求める物ががなんなのか?をしっかりと考える必要はありますね。でもそれって自分でそのサロンに行ってみないと分からないんですけどね。

なかなか広告や口コミで聞いても実際はどんな感じかなんて分からないですからね。自分の肌感で感じるのが一番早い気がしますね。

スポンサーリンク

まとめ

ウタオも自分で料金を決めるときに本当に悩みましたね。色んなサロンの料金を見まくって悩みました。でねウタオ的には低価格にすれば間違いなくお客様はきてくれるのは知ってたんですね。

でもそうなると客数をどうしても多くしないといけないんですよね。結局は美容師って売り上げで給料をもらうんですよね。そうなってくると低価格で客数を少ない状態だと給料が少なくなってしまうんですね。

これだとちょっとキツイ事になるんですよ。しかもお客様にも迷惑かけるしスタッフも疲弊してきますからね。それだけは嫌だったんですよね。

だから高額で客数は少なく。これが理想だと思いました。田舎に住んでるから自分の家の家賃も東京みたいにバカ高くないですし、物価が安いから給料もそこそこでも裕福には暮らせますからね。

だからゆっくりちゃんとお客様に向き合って美容師をできる環境がベストだと思ったんですよね。なので少し料金は高いけど、それだけ良い物を使ってしっかりと向き合った接客のできるサロンにしました。

アシスタントもいないですし、広告費もかけてないので経費も全然かかってないですからね。そう考えたら、かなりゆっくりとできる環境は最高ですね。

ウタオは高額のサロンも経験しましたし、超低価格のサロンも経験した事があるんですね。だからかもしれないですけど良い所も悪い所も全部知ってますからね。

やっぱりなんでもある程度が良いですよ。じゃないとずっと仕事できないですもんね。一生できる仕事が美容師なのに、働きすぎて歳とってからキツくなる人多いですからね。

今の環境にしてからはウタオもゆっくりできるし、スタッフも自由にやれてるから良い感じなのかな??って感じですね。自由過ぎてたまに大丈夫か??って思う事はありますけどねw。

まーでもスタッフがノビノビ働けて頑張れる環境を作ってあげれば、その分お客様に対しても真摯に対応してくれますからね。それが一番お客様にとっても良いですからね。

一人一客のスタイルでやってるけどこれも良いですよね。お客様を待たせる事もないし来店してくれるお客様を迎える事もできますしね。最初から最後まで自分でやるから心配もしなくていいからね。

やっぱりアシスタントに任せるのって結構心配な事も多いですからね。アシスタントのせいで失客って事もかなりありますしね。シャンプーがしんどくなってきてるけど、そのうちシャンプーだけ誰かにやってもらいたいなーって思う時はありますねw。

まーどこに価値を持ってくかは人それぞれですからね。しっかり自分で決めていきましょう!お客様も自分の求める物を明白にしてサロン選びしてくださいね!!

それじゃウタオでした!