スポンサーリンク

本当に資格って必要なのか?別にどっちでも良いんじゃない?

お仕事

こんにちはウタオです!

今回は『資格』について書いていこうと思うんだけど。ぶっちゃけ『資格』って必要なの?って思った事ないですか?

いやねもちろん国家資格はいりますよ?だってその資格がないと仕事しちゃダメですからね。だけど国家資格じゃない資格っていっぱいありますよね?

僕たち美容業界だと『ネイル検定』とか『ヘアケアマイスター』とかそういう色々な『資格』があるんですけど、これって別に無くても良い物なんですね。

『ネイル検定』も別に持ってなくてもネイルを仕事にしても良いし、『ヘアケアマイスター』が無くても美容師はできます。しかも一般の人が『ヘアケアマイスター』って聞いても意味が分からないですよね?

それくらい知名度の低い物も多いわけです。だけど「資格!資格!」と騒ぎ立てる傾向にあるんですよ。僕的結論からいいますと

( ;´Д`)ウタ「資格なんて持ってても無くてもどっちでもいいんじゃん?」

って感じです。もちろん何度も言いますが『国家資格』はいりますからね!

じゃー今回は『資格がいるのか?要らないのか?』を書いていきますよ!国家資格以外の資格の話ですからねー!!!(くどいw)

スポンサーリンク

『資格』をとる意味は?

実際に『資格』を取る意味ってなんなんでしょうか?

  • 肩書きがあってカッコイイから?
  • 就職に有利だから?
  • 信頼度が上がるから?
  • なんとなく?

まーいっぱい色んな意味がありますよね。仕事先によっては「この資格が必須」みたいなのもありますけど、ほとんどが国家資格かな?と思います。

って事は別にそこを採用基準にしてるとは考えにくいですよね?もちろん美容師は美容業をする上で『美容師資格』が必要になってきます。これも一応国家資格なので持ってないと美容師として仕事してはダメです。

ネイル検定とかもその場所によっては『一級資格取得者』って項目があるところも見かけますね。ここに『資格』を取る意味が隠されているかもしれません。

『資格』は『信頼』??

結局のところは

『資格』=『信頼』

って感じになると思います。これは間違いのない事実ですよね?やっぱり何も『資格』の無い人と『資格』を持ってる人とでは、その分野での『信頼』は上がります。

これはその『資格』でしか相手を判断できない場合は仕方の無い事ですよね?その人がどういう人でどんな技術があるなか?なんて写真で人の顔を見ただけで判断つかないですもんね?

だから『資格』はあると『信頼』を勝ち得る事が少なからずできるって事ですね。でもこれって初見さんだけですよね?初めましてのお客様にはめちゃくちゃ有効だけど、そうじゃない人にだったらどうでしょうか?

すでに『信頼』ができてる関係性なのであれば信頼はすでに勝ち取ってますよね?そんな関係性があるのに「資格とったんですよ!」っていっても凄いね!くらいで終わると思います。

だからそんな信頼してくれてる人が周りに沢山いるのであれば『資格』を取る必要は無いって事になりますね。

資格があっても『信頼』にならない事もある?

ここって結構重要なところかもしれませんが。

『資格があっても信頼にならない可能性もあるんです』

これってなんでか分かりますか?特に技術職の方だったら分かると思うんですが。『資格』よりも『経験』の方が大事な事って結構ありませんか?

美容師に例えさせてもらいますけど。美容師は『国家資格』ですよね?これは国が認めてるって『資格』です。もちろん取るまでに美容学校に行って練習しまくって国家試験に合格する物なんですが。

美容学校卒業して1ヶ月目の子に髪切ってもらいたいですか?

僕なら絶対にいやですけどね。これ何でか分かりますか?だってですよ?美容師の国家試験を受かる為には一個のスタイルしか切らないんです。しかもマネキンの頭だけのやつです。

これって一個のスタイルをギリギリ合格ラインに持っていってるだけの段階なんですよ。でもちゃんと合格はしてるんですよね?でも一個のスタイルだけですからね?これでいきなり色んなカットできますか?

できませんよね?だって頭の形も様々で髪質も色々ある。それに適したカットができるようになるのに何年もかかりますからね。だから『資格』を持っていたとしても純粋に信頼にはなりにくいって事ですね。

ネイルも一緒で全部が同じのようで違うんですよね?だから知識だけの資格なら『信頼』になる可能性は大きいですが、経験のいる『資格』は『信頼』になりえない可能性の方が大きいですからね。

じゃなかったらみんな美容師は修行なんてしないですからね。

色々『資格』はとるべきか?

じゃーここまで話してきて「資格はとるべきなの?」って疑問に答えていきます。これは

『取りたかったらとったら?』です

結局のところ『国家試験』以外はその資格をがなくても仕事としてやっていける。趣味ならなおさらです。だから時間があってもっと知識を深める勉強をしたいのなら取ってもいいんじゃないの?て感じです。

長く美容師で髪の毛を事研究して自分独自のアプローチで髪を綺麗にできる人がいるとしますよね?この人はめちゃくちゃ勉強してるし結果も出してる。そんな人がいまさらヘアケアマイスターなんて要らないでしょ?

もうネイルが無い時代からずっとネイルしてて凄く上手くて有名な人が、ネイル検定なんて今更取らないと思いません?自分の力試しくらいのもんですよ。

だから今駆け出しで自分に何も知識も技術もない、だから向上する為に試験を受けてみよう!ならめちゃくちゃ良い傾向ですよね?だけどなんとなくみんな取るしなーくらいなら取る必要も無いでしょ?

僕は毛髪理論とかが結構好きで昔から勉強してきました。だから知識もありますし、経験も多いです。だからいまさら最近でた資格というか肩書きはいりません。

だってもうすでにお客様との信頼はできてますからね。もしその資格が無いと施術できません!って国から決まればもちろん取りますけどね。今は必要無いから別にいいかなーって感じです。

時間もかかりますし、無駄に緊張しますしね。やっぱり試験って緊張するじゃないですか?笑

まとめ

どうだったでしょうか?『資格』ってなんか響きも良いし、あったら楽だろうなーってイメージ強いと思うんですよね。だけど実際は一時の『信頼』を買うための物にすぎません。

自分がそれを上回るくらいの勉強をすれば問題ない。もちろん勉強が嫌いで何か目標が無いと勉強できない!ってんであれば間違いなく『資格』を目指すのも一個の手ですよね?

自分でできる事で特に必要ないと思ったのなら無理に『資格』を取る必要は無いと思いますよ?最近できた資格系のやつなんて絶対にいらんだろ?みたいなの多いですからね。

アシスタント育成みたいな感じでやらせてお金とってる様にしか見えないですからね?でも勉強しない子が多いのも事実ですからきっかけとしては良いのかな?程度ですからね。

必要の無い物にお金かけたり時間かけるのって嫌じゃないですか?だから自分の意思でしっかり行動したいものですね。

僕も学生の頃にいっぱい資格取りましたよ?あった方が良いと言われてね。でもあった方が良い程度ですからね今思えば。。それで美容室に入社したら、そんな資格持ってる人誰もいないし使わない!笑。

いやあの時間とお金なんだったんだ?ってマジで思いましたからね!笑。

まーでも経験だと思えば良いのかもしれませんけどね。でも勿体無いですけどね。

だからしっかし本当に必要か?を考えて『資格』はとりましょうね!

それじゃウタオでした!