スポンサーリンク

本を読む習慣を簡単に身につける方法ってあるのか?

勉強

こんにちはウタオです。

ウタオは一応は『読書家』で有名です。どこで有名なんだよ!ってツッコミがあるかもしれないけど、周りの人は知ってます。「ウタオに会いたければ本屋に行け」と言われるくらい本屋にいますw。

でねウタオの場合は本が好きだから読書をしてると思われるんですけどね、別に対して好きじゃないですw。そりゃみんなでワイワイしたりしたりとか、ゲームしたりテレビ見たりしてる方が好きですからね。

でもなんで読書をしてるかというと。

『確実に自分が成長できるから』です。

はい。これはみんな大好き『自己投資』なんですね。『自己投資』の為に読書をしてるって事なんですね。娯楽の為に読んだ事は、ほぼ無いですからねw。娯楽で読むんだったら小説とかラノベとか読みますからね普通は。でもウタオは自己啓発とかマーケティングとか心理学とか経営学とかね、仕事に役に立つ本しか読まないんですね。

なんで楽しいというよりも勉強ってカテゴリーで読書をしてるんですね。こういう人って多くないですか?『仕事に役立ちそうだし、なんか良さそうだから読書したいんだよなー』って思ってる人。わりと多いと思うんですよね。

でも読書ってなんか難しいですよね?

読書って面倒な感じですし、とりあず読んでるだけで眠くなるんですよね。だから読書をする事を毛嫌いする人って多いんですよね。でも読書はした方が良いと思ってる。なんか簡単に読書の習慣を身につける方法は無いかなーって思いますよね?でここで結論なんですけどね。

『読書の習慣を簡単に身につける方法は無い!』

ですね。習慣にしてしまえば楽に読書をする事は簡単なんですけどね。でも習慣にする事ってのは難しいんですよ。習慣化にするまでが大変なんだからね。でもそれだけだと終わってしまいますからね。ちゃんと『習慣化するまでの方法』は教えますよ!

少し荒療治になりますが、ついてこれるかな??

それじゃいったみよう!

スポンサーリンク

読書を習慣化するまでのプロセス

まず読書においても何にしても『習慣化』するまでが非常に難儀になってきます。『習慣化』さえしてしまえば読書に限らず、どんな事でも余裕で継続する事ができますからね。

じゃーここからが大事ですからね。どうしたら良いんでしょうか?って事なんですけど、はっきり言って

ただ続ける事』です

はい。完全にブログを閉じようとしましたね?でも待ってください。これ本当に大事なんですよ。『ただ続ける事』それだけで良いんですよ。

「続ける事が難しいんだよ!!」って言いたいと思いますよね?でもこれって本当に難しい事なんでしょうか?いつも歯磨きません??いつも風呂入りません?え??入らないし歯も磨かない?そうかー

じゃー携帯は見てしまうよね?スマホとか。で定期的にスマホの画面見てしまいません?今だったらインスタとかツイッターとかね。見てしまいますよね?テレビもそうですよね?いつも同じ時間に同じ番組みてないですか?

でね服を着るのも一緒ですよね。いつも同じ手から袖に入れませんか?靴もいつも同じ足から履きません??そうなんです僕たちはすでに習慣化するすべを知ってるんですね。

この事に気付いてましたか?だからとりあえず『続ける事』を第一目標にすて読書を始めてください。

とりあえず簡単な物から読む

でね習慣化するには『続ける事』が大事なんですけど。続ける為には楽しいと思うか達成感があるかのどちらかが必要になってきます。だからいきなり難しい本だったり、英語の日本語訳に本とかは読まない方が良いですね。

難しい本ってのは自分が知らない分野とかですね。自分が知らない事って本当に頭に入ってこないんですよね。勉強を若い時にしてない人ほど、難しい本を読むのは大変なんですね。

でね英語の日本語訳の本もやめた方が良いですね。英語を日本語訳にすると本当に周りくどい表現になります。だから普通でもページ数の多い本が更に多くなるんですね。

こんなの読み慣れてない人が『読み続ける』にはかなりの難書になる事は間違いないですね。とりあえず読める物から読むって感じですね。習慣化するまでは難しい本は避けましょう。

ページ数の少ない本だったりとか、字が大きいのでも良いじゃないですか。とりあえずは読書になれる事が大事なんですからね。それでどんどん読み進めていって、一冊を読むという達成感を味わってください。

この「一冊読み終わったぜー」っていう達成感を味わえるか味わえないかで大きく成果が変わってきますからね。

やっぱり今回も読めなかったーって思うよりも、なんとか読めた!と思う方が絶対に楽しいですよね?なんでとりあえずは簡単に読める本から読みはじめましょう!

全部読む必要はない!

本ってなんか始めから最後まで読まないといけない気しませんか?でもこれって間違いなんですよね。小説とかはストーリーがあるから途中から読んだら意味が分からなくなりますよね?でも自己啓発とかビジネス書とかはその必要は無いです!

学生の時の勉強を思い出してください。参考書を読む時は自分の知りたいページを探して読んでましたよね?これと一緒です。本屋に売ってるかから小説と一緒だと思ってますよね?

でもこれは大きな間違いです。自己啓発とかビジネス書は参考書と一緒の使い方で良いんですね。

目次を見て自分の知りたい部分だけを読むってくらいで充分です。で自分の知りたい事の前後も気になったら読めば良いんですね。やっぱり勿体無いと思うんですよね。せっかく買ったしなーってね。

でもよくよく考えてみてくださいね。読書の習慣が無い人は最初から最後まで読むのって本当に大変ですよね?で途中で読みのをやめたらどうなりますかね?それこそ本を買ったの勿体無いと思いませんか?

その一冊で知りたい事を何んでも良いから学べたらラッキーなんですね。だから目次である程度は読みたい箇所をピックアップしておいてから、その部分だけを読みって感じにすれば読むページも少なくて済みますからね。

しかも自分のしりたい事って読んでてワクワクするんですよね。そしたら読み進めるのって楽しくなってくるんですね。

自分の知ら無い事を知るために読書はするんだし、もしくはすでに知ってる事の知識を深める為にする物ですからね。

別に知りたくも無い項目を読む必要は全く無いって事なんですね。

まーねたまには寄り道も大事ですけどね。全く興味無い事も知ってしまったら楽しいって事はありますからね。でもこれは読書を習慣化してからでも遅くないですからね。後回しにしてしまいましょう。

まとめ

いかがですか?結局は自分である程度は頑張る事は必要になってくるんですね。なんで『これを読めば読書ができる!』って本を読んでも意味ないんですよね。

自分が読書をするしないは自分でしか判断できないんですからね。誰かに強制される物でもないんですからね。

習慣化するまでは歯をくいしばってやる事も必要ですね。自分で自分を律する事を覚えてないと、やっぱり無理な時は無理ですからね。

大変な時はやりたくない時も絶対に出てきます。それでもやるか、やらないかは自分で決める事ですからね。ウタオはやるか、やらないかで迷ったら絶対にやるよ選択するようにしてますねw。

まーキツイ事もあるけど自分で決めた事ですしね。やるしかないっしょ!笑

読書で自分をドンドン高めていきましょう!

それじゃウタオでした。