スポンサーリンク

本で勉強しようと思ったら漫画か要約の本でもいいのか?

勉強

こんにちはウタオです。

僕はずっと読書を習慣にしてます。漫画も好きなんですが自己啓発だったり経営学とか心理学とか字ばっかりの本を読みますね。年間200冊くらいは読むようにしてます。

なんか暇になったら本屋に行くのがクセになってしまって、本屋に出現する確率が最高に高いウタオなんですが。何年か前から難しい本の『要約シリーズ』と『漫画シリーズ』が良く出版されるようになりました。

『要約シリーズ』は言葉の通りですね。要約してくれてます。図解でわかりやすくまとめてくれてますし。絵でも書いてくれて字も少なめにしてますので要点を理解しやすい感じですね。

『漫画シリーズ』は全部漫画でその本の内容を理解してもらうって感じです。ストーリー調に進んでいきますし漫画だから字も少ないですからね。この漫画シリーズも人気がありますね。

でね僕みたいな読書してるのが周りに知られてる人はね質問されるんですよ。

「本って要約してる本とか漫画でわかる本でも良いの?」

って感じの質問ですね。この質問は本当に多いので今回ブログでまとめておきますね。このブログを読んで自分なりに読書を楽しんでもらえたらなーと思います!

それじゃいってみよう!

スポンサーリンク

結論は『どっちでもいい!!』です。

もうね先に結論いってしまいますね。もうね本を読むのに『要約』か『漫画』か『普通』のかで悩んだらですね。

『どれでも良いから読もう!!!』

もうねこれが結論ですよ。これはね読書を習慣としてない人が読書をしようと思っただけでも素晴らしい事なんですよね?もうねその事を褒めてあげたいとウタオは思うんですよね。でね本で勉強しようと思った時に大切なのが。

『本の内容を理解する事』

だと思うんですよ。結局一生懸命に本を読んでも頭に残らなければ意味が無いですよね?で途中で飽きてしまうのも勿体無いじゃないですか?だから自分の読みやすいものから読むのが一番良いんですね。

なのでとりあえず読みやすいのは『漫画シリーズ』ですね。原本でいないキャラクターでストーリーが展開していきます。でそのキャラクターが本の内容を実践していくみたいな流れが多いですね。

なのでそのキャラクターと自分を置き換えて話を読み進めていけば本の内容を理解できるみたいな感じですね。その本の内容の要約も所々に挟んでくれてまうので読やすさではダントツだと思います。

そうなると読み切る事も容易ですからね。普通の本だと読みきれない人もこの本で一気読みできて自信がつく人もいますからね。

なので本を読むのがとりあえず苦手だけど頑張って勉強しようと思うのなら『漫画シリーズ』がオススメですね。

『要約シリーズ』もわかりやすいけど僕は少し苦手です。なんか参考書みたいで見辛い感じがするんですよね。これはすでに勉強できる人はいいかも。

僕は学校の勉強の仕方が苦手で頭に入ってこないタイプなんで漫画や文で読んだ方が楽なんですよね。これは好みによりますから自分の中で読みやすい本を見つけましょう。

どんな本屋でも難しい系の本を立ち読みできますからね。パラパラ読んでみた読みやすい本を買って読んでみましょう。

じゃー原本は要らないって事?

「じゃー要約してる本か漫画にしてる本を読んだ方が良いじゃん!だったら原本いらないよね?」

と思いますよね?僕も一時期思いましたね。だって良いとこ取りしてくれてるじゃないですか?しかも読みやすいわけですからね。だけど僕は最終的には原本を買う事をオススメします。その理由を話ていきますね。

原本にしか書いてない内容がある

もうね題名にも書いてますけ原本にしか書いてに内容があるんです。いろんな事を文章で伝えようとしてくれてるんですね。だから人によっては余計な部分もいっぱいあるんですよ。

でも実際は本の著者が言いたい事ってその余計な文章にある場合もあるんですね。っていうかその余計な部分で心打たれる事もあるんです。

ウタオの中で読書の定義があります。読書を一冊読む時に大事にしてる事が。

『一行でも心に残る文章があれば良いと思ってます』

あんだけ文字のがある中で一行だけでも良い事書いてあれば良いと思うなんて苦行かもしれませんねw。でも宝探しみたいなもんですからね読書は。

勉強してて大事な部分や要約で書いてる箇所は適当に読んでも理解できます。でもその人の気持ちまで汲み取ろうと思ったら一語一句逃すわけにはいきませんからね。

だから要約や漫画で理解できない部分まで理解できるのが現本の良いところだと思うんですね。

著者が亡くなってる場合は。。。

でね要約や漫画シリーズはって本当に最近の流行なんですよね。でだいたい要約されるのって古い本が多いんですね。昔の本って読みにくかったりするんですよね。でも読みたい人が多いから漫画になったり要約されたりするんですね。でもね。

著者が亡くなってる事が多いんですよ!!!

僕はそこがマジで気になるんですね。だった自分達の解釈で要約したりう漫画にしたりしてるんですよ?って事は本当に伝えたい事じゃない事がピックアップしてる可能性はありますよね?

多分いろんな裏付けはしてるんだと思うんですよ。だけど著者が亡くなってるって事は本質は違う可能性があるんですよ。だから著者がちゃんとご健在でしっかりその『漫画シリーズ』や『要約シリーズ』を見て納得してくれてたら良いんですけどね。

だから要約や漫画で読んでから少し内容を理解したうえで原本を読む。それが一番良いような気がするんですよね。だけどそれはすでに読書する力がある人しか難しいだと思いますからね。

とりあえず読み漁ってほしいですね。

読書は継続する事で力になる

読書も継続する事で力になります。この『読書力』を身につける事で読書する事が苦じゃなくなって理解する力も身につきます。これを目標に読書を継続しましょう。

そのコツは常に何冊も持っておく事ですね。何冊も持っておけば1冊飽きてしまっても違うのが読めますからね。1冊買ってからもう一冊って思ってると「あーこれ興味あるなーでもまだ読み終わってないしなー」ってなって買わずに終わってしまいますからね。

本も一期一会です。どの日の出会いを大切にする事は大事ですよ!そうすると自分の人生を変えるような衝撃的な本と出合う事もありますからね!

それで人生が激変したらメチャクチャラッキーだと思いませんか?

まとめ

どんな本でも良いから読んでみると面白いです。自分の人生で学べる機会って非常に少ないと思うんですよ。学校を卒業したら勉強する事ってかなり減ります。

もちろん仕事関係の勉強はすると思いますけどね。でも色んな事を学べば仕事に役立つ事も結構ありますからね。でその勉強に一番適してるのが読書だと僕は思います。

読書って自分の好きな時間にできるし、値段もそんなに高くないじゃないですか?だから勉強しようと思ったら本を読むだけでもかなり勉強になりますよ!

読書を嫌う人もいますけど僕は絶対に読書はするべきだと思います!絶対にした方が良い。自分の知見を広げるには最高のツールですからね。一日10分からでも始めましょう。それが積み重なれば確実に良い発見があります。自分も成長しますからね。

ウタオも本にいっぱい助けられました。勉強嫌いのウタオが美容室を経営する事ができてるのも本で勉強してきたからってのもありますからね。だからみなさんにも読書の素晴らしさが少しでも伝われば良いなーと思います!

それじゃウタオでした!