スポンサーリンク

才能ってのは結局は坂道に転がったスーパーボールを掴みにいくような物なんだよね。

SNS

こんにちはウタオです。

昨日ふと思った事があったんですよね。それは

『才能って生まれた時から決まってるんじゃなくて、みんな一斉に坂道に才能っていうスーパーボールを転がされる。そのスパーボールを掴みにいくって事なんじゃね?』

思ってんですよね。

人には才能があるとかやっぱり言うじゃないですか?ウタオも色んな人を見てきて、やっぱり才能ってのはあると感じたんですよね。でもその才能ってのは人によって違うんですよね。

みんな何かしらの才能は絶対にあるんですよ。その自分の才能を発見して掴み取れるかが大事って事なんですよね。

坂道にスーパーボールを転がしたらヤバイですよね?しかも星の数ほどのスーパーボールです。その中から自分にとって最高のスーパーボールを見つけ出す。そしてそれを大きくしていく作業なんですよね。

で小さい時は親だったり周りの人が何個かその才能のスーパーボールを拾ってくれて渡してくれます。まだ小さいから自分から取りに行けないんですからね。

でその大人達がくれたスーパーボールが自分の才能だったらラッキーですよね?ピアノを習わしてくれたらたまたまピアノの才能がその子にぴったり合っていたとかね。将棋を少しやらせてみたらめちゃくちゃぴったり合ったとかね。

それはたまたまそういう運命にあったとしか言いようがない巡り合わせですよね?なのでほとんどの人がぴったりと合わずに大人になっていきます。もちろん努力をすれば才能がなくても成長はします。だけど成長するスピードが全然違うんですね。

で大人になったら自分で何かしら自分にあってる物を選ばないといけないんですよ。誰もその才能のスーパーボールを渡してくれませんからね。

だから自分で一生懸命に探すし掴みにいかないとダメなんですよね。そうなると何もしないし行動しないでいれば才能があるかないか?なんてもう分からなくなるわけなんですよね。

ってなると星の数ほどある才能を自分で探さないといけないって事はかなり骨の折れる作業になるわけですよ。結局自分にその才能があるかないか?もある程度は時間がかかるわけですからね。

そうなると本当に何が自分にとって才能のある物か?を判断するのってマジで難しいんですね。だからみんな努力する事を勧めるわけですね。才能ある物を選ぶよりも努力して今ある物を伸ばした方が単純に簡単だし楽ですからね。

かなり難しい問題かもしれないですけど色んな事にチャレンジする事は大切です。チャレンジすればするほど可能性は広がっていきますからね。その可能性を広げる事で自分の才能ある物を掴むチャンスは大きく広がるわけですからね。

まーこんな事を言ってますがウタオは才能とかどうかってのは、あんまり好きじゃないんですよね。それはウタオは何も才能ないですからねw。だけどやっぱり色んな人を見てると確実にあるから目を背けたらダメだと思ったんですよね。

なので今回はその才能の掴み方だとか子供の頃からもう競争は始まってるって事を言いたかったんですよね。なのでウタオみたいな凡人はとりあえず時間と労力で一生懸命に才能のある天才にくっついて行くじかないんですね。

マジで大変だしやりたくないけど才能のある天才が休んでる時にこそ勝てる瞬間があるんですよね。その時まで走る事をやめない人だけが天才達と方を並べる事ができるって事なんですね。

その時がいつくるか分からないんですけどね。それでも一生懸命に走り続けるだけですね。もちろんそれをやりながら自分の才能を探す事をしても良いですけどね。まー大変だろうけどw。

それをやるかやらないかだけですからね頑張りましょう!

それじゃウタオでした!