スポンサーリンク

幼稚園、保育園無償化は喜んでいいの?保育士目線で考えてみた。

お仕事

こんにちは☺︎

うたこです!

さて題名の通り

来年2019年10月から保育園が無償化になりますよね!

皆さんご存知かと思いますが。

ただ全員が全員無償化になるわけではないですよね!

ますここから整理していきます

無償になるのは

幼稚園、保育園に通う3歳〜5歳の全ての子どもたち。

0歳から2歳の子どもで無料になるのは

住民税非課税世帯のみです。

2019年度に既に年長の子どもたちの場合は

10月から3月までは保育料かからないのかな?と思います

実際無償化は子どもを幼稚園、保育園に預ける家庭にとって

とてもありがたい事!

そう思います。

けれど本当にそうなのでしょうか?

まず無償化は2019年10月から

消費税が10%に増税される事から

家庭の負担を減らす為に

考えられた対策です。

それと少子化対策として

幼稚園、保育園を無料にするから

もっと子ども産んで下さいね

という政策。

けれど今

大きな問題があります。

保育士の低賃金問題。

今まで利用している家庭が負担していた保育料が

3歳から5歳までの子どもの分

一切入ってこなくなるんですよ?!

大丈夫なんですかね?

その分国の負担がとても大きくなります。

つまり私たちの税金。

逆に言うと

それだけ消費税増税の家庭への負担が

大きいのでしょうね

そしてこの政策

保育士目線で

絶対に

保育の質が下がる

と思います

うたこは思いませんが

中には

無料で子どもを預かってるのに

と上から目線な保育士も出てくるかも知れません

いや、必ず出てくるでしょう

ましてや

なんでうちの子だけこうなんですか?!

とか

先生もっとこうして下さい!

とか

保護者の方の要望が多い時代。

余計にトラブルが増えてしまいそうですよね。

保育士としてのプライドを持って

働いている保育士もいると思いますから。

それに現役の保育士は

ビクビクしていると思います

それは

お給料下がらないよね?

と。

そうですよ、

ただでさえ仕事量や責任に対して

お給料が少ないお仕事。

看護師さんと同じくらいのお給料があっても

おかしくないと思うんですけどね。

大切な子どもの命預かってますからね。

無償化になってお給料が下がる可能性。

ありえますよね?

共働きの家庭が多い今の時代

保育士はとても貴重な存在です!

実際、潜在保育士(保育士免許を持っているが保育士として働いていない人)が

たくさんいるのは

保育士の待遇が悪過ぎるからです!

持ち帰りの仕事もたくさんあるし

書類や日誌もたくさんあります。

けれど家には書類は個人情報なので

持ち帰れません。

それに書く量も多くわかりづらいです。

まずその書類を

簡易化する事!

それだけで負担はだいぶ違います。

毎日子どもといっぱい遊んで…

というイメージある方

多いと思いますが

実際は全く違いますよ

特に3歳から5歳のクラスの場合

お昼寝がないところがほとんどです。

0歳から2歳のクラスの場合

そのお昼寝中に休憩をもらったり

書類や日誌、連絡ノートを書きますが

それが出来ません。

って事は

休憩時間にするしかないんですよ。

全然休憩じゃありませんよね?

みんな仕事してます。

ましてや一人担任だと

めちゃくちゃしんどいですよ?

子ども見てないといけないから

トイレも行けませんからね?

誰か助けを呼ばないと。

こんな状況なのに

さらにお給料下がったら

辞めちゃう保育士

続出でしょうね。

うたこ的には

この政策保育士からするとあまり喜べません。

そりゃあうたみ(娘)がいますから

有難いのは有難いですが…。

世の保育士は

不安しかないと思います。

どうか保育士の待遇が良くなり

働きやすい環境になる事を

うたこは望んでいます。