スポンサーリンク

嫌われる勇気を読んで思う事

お仕事

こんにはウタオです。

もうだいぶ前に読んだ『嫌われる勇気』をなんとなく見返してました。そしてYouTubeでも要約みたいなのがアップされてるんでね、そういうのも色々見てみました。

本当にこの本は今の人類には必須な本じゃないのかい?って思いましたね。やっぱり人は人に対する評価を著しく重んじる傾向にありますよね?だって人は人に良く思われたいと思いますもんね。普通の事だと思います。

どんな事も対人関係なんだと、自分以外の人がいるから色んな事に悩むんだって事なんですよね。これって本当にその通りですよね?誰かの目をきにしたりとか、誰かがいるから比べてしまうって事なんですよね。

後これもかなりグッときたのが『トラウマを道具として使ってる』って所なんですよね。いや普通に考えて『トラウマ』って怖いものだし。こんな事を本に書くのってかなり勇気がいる事ですよね?

でねトラウマを利用して言い訳してしまってるって事なんですよね。要は『なんだかんだ言って今の状況が楽』って事になってくるんですね。

これを読んでてね本当に自分の考え付かないようなトラウマを持ってる人もいると思うんですよね。でもそれさえも『自分で自分を変えようとしない』って事になると。

過激な考えでもあるけど的を得てる感じはしますよね?

ウタオは基本的に対人恐怖症でした。もうね人と話すのも嫌でしたし、アガり症だったのでシャンプーする時も手が震えて上手くできなかったんですよね。美容師としては最悪な状況ですよねw。

でもこれを「トラウマあるんでできません!」って言ってたら美容師になんてなれなかったんですよね。逃げる事は簡単でした、仕事を辞めたら良いだけなんですからね。

でもそこは克服しないといけないと思って、マジで精神科とかに通ったりしましたよねw。でウタオはある時気付いたんですよね。

( ;´Д`)ウタ『僕って人に良く思われたいと思ってるだけじゃない?』

そうなんですよね人の目を気にし過ぎてるんですよ。『人に良く思われたい』とか『間違えてバカにされるんじゃないか?』って事を考えすぎてたんですよね。

そうなるとドンドン緊張してね手が震えてくる事に気付いたんんですね。それを気にしなくなってから手が震える事が無くなりましたね。結局このトラウマだと思ってた事の『対人による錯覚』だったって感じですね。

人って意外と他人の事は見てないんですよね。自分の事しかほぼ考えてないし、見てないですね。って事は人の事を考えた所で何も意味が無いって事になるんですね。

って考えたら本当に気が楽になりますからね。もうね人の事を考えるのはやめようってなりましたよね。これはね全くの無関心ってわけじゃないですよ。

ウタオは人の事が好きなんで他人に対しては色々してあげたいと思うんですね。でも自分が人にどう見られてるか?とかは考えなくなりましたね。

で自分は自分、人は人って感覚でいます。たまにイラっとしてしまう事ってあるじゃないですか?そんな時も全く怒らなくなりましたね。だって自分とその人は全く別の生き物ですからね、いちいち気にしてるだけ無駄って事なんですよね。

他人って変えれないじゃないですか?そんな変えれ無い人に対して色々考えるだけ無駄と判断しましたよね。冷たいように聞こえるけど事実なんですね。

『感情は制御できる』ってのもなかなか面白いよなと。イラっとしたりしても自分次第で制御する事って可能なんですよね?

「いや!ムカついたら怒鳴り散らしてしまうでしょう!」って言う人もいるけど、それって制御できますよね?だってもし相手が怖い人だったらどうですか?言えますかね?

明らかにヤバイ人って感じの人にも声を荒げて言えるでしょうか?昔っからお世話になりっぱなしの先輩のも、同じ様に怒鳴り散らす事ってできますかね?きっとできないですよね?

って事は感情を制御する事は可能って事なんですね。その感情でさえ人を意識してるがゆえに制御できないんですね。人を見て自分で判断してるからイラっとした時に「コイツはどんだけキレても大丈夫そうだ」とか思ったり逆に「コイツにキレたらやばそう」って事を考えて行動してるんですよね。

みんな自分以外の人に振り回されてるんですね。この事実に気づいてどういう風にしていくのが良いのか?って事を考えて行動するの為の本が『嫌われる勇気』なんだと感じましたね。

自分と向き合う人のせいにしたり、他人を意識しない事がこそが、幸せになる為に近道なんですね。人の事を気にしてるうちは幸せになる事は不可能なんですね。だから嫌われる勇気が大事なんだと思いますね。

ウタオはこの本を読んでいろんな事を考えました。ウタオは仕事をたまにサボりたくなる時があるんですねw。でねこの時に言い訳に良く出すのが「家族の時間を大切にしないと」って事で帰ったりします。

でもこれって本当にしたい事なのか?って感じるんですね。

これは『家族との時間を作りたい』って事を良いわけにしてるけど、本当は仕事が嫌なだけなんじゃないのか?ってね。これは逃げてますよね?

その逆の人もいますよね?仕事が忙しいから家族との時間は作れない!って言って家族から逃げるパターンですね。このタイプの人は仕事をしてる事が正義なんですね、でもこれも言い訳なんだと思うんですね。

例えば『家族との時間が大切だから』って言ってる人は小さい時に「親が忙しい人で全然遊んでくれなかったから、自分はそんな親が嫌いだったから自分は子供にはしない!」って事を言ったりしますよね?

これって一種の『トラウマ』ですよね?自分の幼少期の記憶で嫌だった事ですね。でその『トラウマ』を道具をとして使って仕事から逃げようとしてるんですね。これった本当に良い事なんでしょうか?

仕事も一生懸命にやって家族の時間を作るのが一番適切な判断ですよね?でも『トラウマ』を利用して一番楽な道を歩もうとしてるのは明白ですよね?

仕事ばっかりして家族との時間を作らないのも一緒ですね?昔は貧乏で親父が全然働かなかったから、自分はそんな風にならないぞ!っていう『トラウマ』ですよね?だからその人は働きまくる事で幼少期のトラウマから逃れようとしてるんですよね?

でもその結果、家族との時間をおろそかにしてします。この場合も『仕事をバリバリして家族との時間も大切にする』って事だってできるんですよね?でもそうしないのは何故?仕事ばっかりしてる方が楽だからですよね?ってっ事は『トラウマ』を利用して逃げてる他ないって事なんですよ。

ウタオは本当にこれって結構やってる人多いよなーって感じますよね。昔彼氏にこっぴどく振られて彼氏ができない!って人もいます。確かに気持ちはわかるんですけどね、でも他の男児はそんな事ないかもよ?って思いませんか?全員がそんな男ばかりなわけないんですよね?

結局は今の環境に満足してしまってるって事なんですよね?その事に気づいて行動に出れば間違いなく好転していくんですけどね。

是非ね思い当たる節がある人は『嫌われる勇気』を一度読んでみてくださいね。それでいろんな事が楽になりますよ?人間関係も仕事に対する取り組み方も大きく変わりますね。

読書が苦手な方はYouTubeの要約から始めてみるのも良いですね。要約をみてから読書ってのもありですね!本当にオススメできる本なので読んでみて行動してくださいね!

それじゃウタオでした!