スポンサーリンク

失敗した本は無い?意味のな本は存在しません!!

勉強

こんにちはウタオです。

来る日も来る日も読書の明け暮れているウタオなんですが。もうここまでくるとウタオが読書をしてる人ってのは周りに知られてるんですよね。そりゃ隠すつもりも無いですし、読書してる自分すげーって思ってますからねw。

別に自慢する気も無いですし、カッコつけるつもりは無いですけどね。でも誰も自分と同じくらいの読書量は無いだろうなとは思ってますね。

でねやっぱりみんな読書はしたいって思ってるみたいなんですよね。世の中の人が「読書は良いものだ!!」って心のどこかで思ってるんですよね。だからみんな読書をしようと思ってる。

でもどんな本を読めば良いか分からないし、なんか損したくないから適当に買う気にもなれない。だから身近で本を読んでるウタオに相談してみるんですよね。やっぱり身近な人の意見は参考にしやすいですしね。

でねウタオは色々と本を教えますよね。でもウタオがオススメする本はかなり小難しい物が多いから、きっと読んでもらえてないと思うんですよねw。だからかなり読みやすくてページ数の少ない本もレパートリーに入れてますからね。

で一通り話が終わるとですね。『どういう基準で本を選んでるの?』『失敗した本とかは無いの?』って質問をもらいますね。この質問は非常に多いので、ブログでまとめておこうと思いますね。

それじゃいってみよう!

スポンサーリンク

ウタオ流!本の選び方!!

まずウタオが本を選ぶ基準を話ますよ。それは

『気になったら買い!!』

以上です。はい、もうこれだけですね。少しでも気になったら買いです。例えば本屋さんには定期的に足を運びます。ウタオの住んでるのは田舎ですので、大型の本屋さんが存在しません。

『ジュンク堂』『紀伊国屋』『丸善』みたいなね大きい本屋さん。。。マジであったら良いなーって思いますよね。図書館並みの在庫数は圧巻ですよね?マジで大好き。

はい。話はそれましたが。

小さい本屋さんって言っても、TSUTAYAがあるんですよね。それだけが救いですね。だから一応最新の本や、需要がある本は置いてあるんですよね。

だから新刊を見に行くって感じですね。それで気になったら買いです。もうジャケ買いですね。中身パラパラして買う物もありますが。それくらい直感的に書います。

そして誰かにオススメしてもらった本も全部読みますね。あの本良かったよーって言って貰ったら読みます。でもウタオは『小説』とか『ラノベ』は読みません。

なんか物語を本で読むのが苦手なんですよね。漫画やアニメとか映像で見たいタイプなんですよね。だから小説に関しては、お客様にオススメしてもらう以外は読まないですね。

後はYouTubeとかインスタにツイッターやブログでオススメしてたら買いですね。インフルエンサーとかユーチューバーの人たちのオススメは絶対に読みますね。

あの人たちは発信する側にいますからね。確実にインプットしてる量は多いはずって観点で信用してます。ようは『自分の感性で本を選ぶ』か『他人の感性で本を選ぶ』って感じですよね。

そうするとかなりの読書量になるでしょ?しかも自分だったら絶対に買わないジャンルに踏み込めますよね?それで新しい発見もできるから、非常に人のオススメは重宝しますからね。ぜひ参考にしてみてください。

失敗した本あるのか??

次に『失敗したーって思う本はあるのか?』って事についてなんですけどね。これは何をもって『失敗した』と思うのかって事になってくるんですけどね。

実際「1冊丸々最高の本だぜ!!!」って思うほどの名著に出会う事は難しいんですよね。こんだけ本があるのに、今も語り継がれる本って少ないじゃないですか?それと一緒です。

『失敗した本って無い?』って質問されるって事は、みんな損をしたくないんですよね。だからそう思うんですよ。だから1冊丸々最高の本は100冊読んで1冊あるかな??くらいですよ。そのくらいの確率です。

だから言い換えると『ほとんどが失敗』って感じですよね。はい。すいません。でもそうなってきます。でもウタオは読書の本質は『1冊丸々良い本』を見つける事じゃないと考えてます。どういう事かと言うと。

『一冊の中で為にんる文章が一行でもあれば良い』

と思って本を読んでおります。これは本を一冊書くのには凄い労力と時間が費やされてます。その著者の人の人生の集大成くらいにウタオは思ってるんですね。

そしたら1冊の中に為になる要素はかなりあります。だから失敗したって思う事は無いんですよね。どんなに良い本であっても全部を一回で覚える事はできないですよね?

それはドラマや映画なんかでもそうですよね?全部を通して良かった部分ってのが記憶に残ります。その良かった部分が少しでもあれば有意義な時間ですし、良いお金の使い肩をしたなーって思ってるんですよね。

それこそ「こんな本意味ないなー」って思うのなんて1000冊に1冊あったら奇跡くらいですよね。でもそんな本が世の中に出回ってきたら、それこそ編集者の腕が泣いてますよね。

だから自分の気持ちを少し変化してみてください。「この本を買って損するじゃなー」じゃなくって、「この本にもきっと自分にとって勝ちがある!」って思って本を読んでくださいね。

紙の本か電子書籍か

これも結構ね質問されます。『神の本か電子書籍どっちが良いか??』この問題ですね。はっきり言って

『どっちでも良いじゃん!!』

そんな事で悩んでるよりも、とりあえず読んだ方が良いでしょ!って感じですけどね。それだけじゃ味気ないんでね。とりあえず応えます。

ウタオは基本は『紙の本』が好きです。パラパラ読みたいんですよね。だから『紙の本』の方がウタオの読み方には適してるんですよね。でも特に気にしないんであれば、どっちでもいいかなと。

電子書籍の利点は『邪魔にならない』『すぐ買えて、すぐ読める』『もう廃盤になった本がある』『出版してない本がある』

最初の二つは意味わかると思うんですけどん『廃盤になった本』ってのは人気が無かったのか、何かの事情で本が世に出回って無い本ですね。中古で探すのも骨が折れる物も多いです。

でも電子書籍だとあったりします。そう言う時は迷わず電子書籍で読みますね。

次に『出版してない本』とは。正式に出版社を通して書籍として出して無い本ですね。Kindleとかだと素人さんというか、誰でもじゃないけど本を出せるみたいなんですね。

でそこで売れたら出版するみたいな形のもあるみたいですね。だからまだ未出版の名著が眠ってる可能性があるんですね。そしたら為になりそうなら買いですね。そういう理由がある時は電子書籍はオススメですね。

でもこれはウタオの好みの問題ですので、あくまでも参考までに。

まとめ

ウタオはブログでもYouTubeでも『読書の必要性』をいつも話てます。なので出来るだけ読書をしてほしいと思ってるんですね。

本は素晴らしい物だとウタオは思ってますからね。だから失敗したとか思って欲しくないんですよ。書き手の思いもあるし、出版した人の思いもある。そしてその本にお金をだして、貴重な時間を費やしたのに「失敗したー」だと寂しいじゃないですか。

だからしっかり『全部の本に学びがある』と思って本を読んでみてください。そうすれば失敗なんて無いです。これは間違いないです。全ての事象に意味の無い物は無いってのがウタオの思いです。

なのでまずは読書をする事から始めてみてください!きっと自分の中で良い方向に気持ちの方向が向きますよ!絶対にです!

それじゃウタオでした!

スポンサーリンク
勉強投資読書高校中退
スポンサーリンク
うたおうたこをフォローする
うたうたブログ