スポンサーリンク

夏休みの宿題代行ってのがあるけど、面白いけど子供の可能性を狭くしてしまってるよね。

人間関係

こんにちはウタオです。

今日twitterをボーッと見てたらですね『夏休みの宿題代行』ってのがあるのを目にしました。ポスターとか作文の宿題を代行してくれるサービスみたいですね。

まーこれを見た時は「面白い事やってんねー」て思いましたよね。なんでも仕事になる時代だとは思ってたけど、まさか子供の夏休みの宿題を代行する猛者が現れるとは夢にも思ってませんでしたね。

これ実際利用した子供はいたのか??って謎はありますけどね。5000円から1万5000千円ですからね、結構子供からしたら高額な値段なような感じはしますよね?

これは完全に親に頼んでやってもらうしかないんじゃないの??って思うくらいの金額設定ですね。自分の子供に何かやらせたい事があって、その為には学校の宿題が邪魔だなって思えるような親じゃないと、なかなか承諾してくれないですよねw。

まーでも今の時代は自分でしなくても良いような事は他人に任せて、自分は自分の得意な事に時間を使っていけって感じの風潮じゃないですか?だからあながち間違ってないよなって思うわけですね。

実際ウタオも経理は誰かに任せて税務も任せてるわけですからね。もちろんお金を払ってるわけですからね、それと全く同じ感覚だと思えますね。

でもまーウタオだったら自分でなんとかやらせますけどね、夏休みの宿題くらいは。だってあんなの適当に書けば速攻で終わるわけですよね?

ポスターなんかも何となくで良いから描けばいいだけですし、作文なんかも何となくでも書けば良いだけなんですよね。超余裕なんですけどね。

でも子供の頃はそう思えなかったから苦労したんですけどねw。ウタオも最後まで宿題やらないタイプだったから気持ちは理解できますw。

それでもやっぱり自分の力でポスターなり作文なりを終わらせるってのは大事だと思うんですね。これは何故かというと

『自分の可能性を狭くしてしまう可能性があるから』ですね。

これね非常に大事な事なんですよね。確かに自分でできない事を誰かに任せるってのは大事な事なんですよ。だけど子供の時は時間はたっぷりあるわけですね。

そのなかの1日くらいはポスターや作文に時間を使っても良いでしょうって事なんですよね。2時間くらいあればどっちも終わりますからね。

そこまでしてでもやるべき理由は『自分の可能性を広げる為』ですよね?どんな事でもやってみると「意外に楽しいなー」って思う事ってなかったですか?

それが自分が最高に楽しめる分野かもしれないんですよね?作文も書いてみると意外と楽しい事もあるかもしれないですよね?この感覚が非常に大事なんですよね。

自分のやりたい事だけをやらせたらゲームかYouTubeみて終わってしましますからねw。それはそれでありなんですけど、それよりももっと色んな事にチャレンジしてみた方が良いと思いませんか?

なんとなくで書いてみた作文が入賞なんてしたらテンション上がりますよね?その可能性だってあるわけですからね。それを自分で書いた物じゃなくて他人の書いた物でも何の喜びも感じないわけですからね。

ちょっとでも楽しいな?とか「意外い簡単にできたな?」みたいな経験は時には必要って事なんですよね。

自分で考えて行動して色んな事にチャレンジしてみる。それで楽しい事だったりとか、人よりも飲み込みの早い物があれば超ラッキーですよね?それは確実に出会うべくして出会った物や事なんですからね。

それを見つける事のできる人は結局はやった人ですからね。面倒くさがらずに自分で一回はやる癖をつけましょうね。なんでもかんでも『やらない』はぜったにやめましょうね!

それじゃウタオでした!

スポンサーリンク
人間関係仕事術勉強転職
スポンサーリンク
うたおうたこをフォローする
うたうたブログ