スポンサーリンク

勉強は自分の身になってからが本当の勉強なんだよって話

お仕事

こんにちはウタオです。

最近読書の量が著しく少なくなってしまったウタオです。YouTubeで勉強した気になってる感は否めないですねw。動画は恐ろしいけど勉強するには良いツールなのは間違いないんですよね。

で読書や動画でもなんでも良いんですけど、勉強したって思っても全然身になってない時ってないですかね?

例えば学校なんかで授業を受けたとしますよね?で凄く理解できたって感じすると思うんですよね。そりゃながながと授業を受けてればあるていどは頭に入ってると思うのは普通ですね。

だけどいざテストを受けるとどうですか?全くわからないって事ないですか?なんとなく授業で習った記憶はあるのだけど全然答えが出てこないみたいなね。この状態になるって事は完全に自分の身になってないって事ですよね?

学校の授業ってのは結局はテストで良い点を取らないと意味ないじゃないですか?授業中に理解してても授業が終わった瞬間に忘れてしまったら勉強した意味は全くないわけですね。

これは社会人になっても全く一緒ですね?社会人になっても勉強を一生懸命にしてる時点で素晴らしいのですけどね。でもせっかくなら仕事以外でも時間を作って勉強してるのに全く身になってないのは寂しいじゃないですか。

資格の勉強とかだとわかりやすいんですけどね。過去問とかを解けばしっかり理解してるか分かるし、テストを受ければ実力も当然の事ながら理解できますよね?

でもそうじゃない勉強だとどうですかね?人間関係の勉強だったりとか、自分の仕事効率を上げる勉強とかね。経営の勉強や投資の勉強とか色々ありますよね?意識高い系の勉強ですね。

こういう勉強をしてるとい正解もないしテストもないわけですね。自分の経験でしか勉強した成果を発揮できる場所がないんですよね。だからしっかり学べてるのかどうかなんて分からないわけなんですよね。

だから本を一回読んで理解したつもりでいる。セミナーを受講した時だけ理解したつもりでいる。って感じになりがちなんですよね。

こんな状態になってる人はきっと多いはずですね?ウタオのブログを読んでも読んだだけでは意味なんて全くないわけですね。自分で実践して実践して初めて自分の身になっていくわけですね。

学校の勉強とかでも先生がよく言ってませんでしたか?

「今日やった内容を何回も復習してけよー」

みたいな感じでですね。

授業前に予習してから授業を受ける。そしてその授業が終わってから家で更に復習して復習しまくれば自分の身になっていくんですね。これを社会人になってもやればいいだけなんですね。

何か為になる本を読んだり聴いた時には何回もやるんですね。仕事なんかでもそうですよね?一回聴いただけで覚えれないから何度も何度も質問したり失敗して怒られてして覚えていくわけですね?それで初めて自分の身になってるんですよね?

その状態になればもうメモを見なくても、先輩に質問しなくても自然と最適解を導き出せるって事なんですよね。この状態になるまで持っていく事で初めて勉強と言えるわけですね。

結構根気のいる作業なんですけどね、面倒なんだけどねw。

でもウタオも経験あるけど読書をいっぱいしても何も内容覚えてないって事あるからねw。それでも読まないよりはマシだけどね。

だから自分の中で「これだ!!」って思うような本だったりとかセミナーがあるんだったら何回も読んだりとか受講した方が良いって事なんですよね。

いろんな人の言ってる事をきいてると自分がブレてしまうんですよね。で自分の身になる前に違う事の勉強をするから、どっちつかずになってしまうわけですね。

たまに息抜きていどで違う事を勉強するのは良いですけどねw。でそっちの方が良い事言ってるなら、もう最初にやってた事は捨てて新しい事に真剣に取り組めば良いって事なんですよね。

これを繰り返していけばどんどん成長していくのは当たり前なんですよね。だから自分の身になるまで一生懸命に実践していってください。そして失敗もしたりとか忘れてしまったら、また勉強をすれば良いだけですからね。

それじゃウタオでした!