スポンサーリンク

勉強と練習が嫌いな美容師アシスタントよ!聴いてくれ!

お仕事

こんにちはウタオです。

ウタオももう美容師になって時間がたってきました。もうね良くここまで頑張ってこれたよなって、本当に思います。辛い事もあったし、楽しかった事もありました。何度辞めようと思った事か。

でね後輩の教育も結構頑張ってきたと思います。その時はいっぱい怒った事もありました。いっつも反発されてましたけどね。でもそれでも今思うと「自分も反発しまくってたなー」としみじみするんですね。

その時は若かったんでしょうね。マジで先輩ムカつき症候群でしたからね。「お前も練習してないじゃん」ってマジで思ってたんですよね。でもね?でもですよ?

その「練習しろ!!」とか「勉強しろ!!」って言葉に反論する必要ってあるのかな?って思いません?だってですよ?

『美容師は練習も勉強もしないと一人前に慣れない仕事』

なんですよ?これは美容師になった子やなりたい子なら、みんな知ってる事実ですよね?よーく考えてみてください。美容学校に入った時に初めてパーマにカットした時の事を。

全くの『初心者』の時って何もできなかったですよね?パーマ巻くのだけでも1時間かかったりしてましたよね?カットも全然まっすぐ切れなかったですよね?

だけど練習して勉強してパーマも10分とかで綺麗に巻けるようになったよね?カットも見違えるほど上手くなったと思うんですよね。でもそれは練習した時間と比例して上手くなったはずなんですよ。

もちろん神がかって速攻で出来る人もいたかもしれない。でも9割は時間がかかったんです。それを美容師になってアシスタントになった時も実感したと思うんですよ。

シャンプーなんて上手くなる気しなかったですよね?ウタオも極度の緊張するタイプだったからね。マジでやばかったんですよ。手震えまくりでね。しかも不器用っていう最悪な組み合わせでしたよ。

でも練習しまくって合格してね。今も覚えてますよ。初めてお客様にシャンプーした時の緊張感をね。その時にいっぱい練習したから、上手ですねって言ってもらえるようになってんです。

そうしながら少しづつ上手くなってきたのに、練習や勉強しなくなったのは何故??『疲れてつから?』『先輩が嫌いだから??』

でも練習って誰のためにするんだっけ?もちろんお客様の為なのは当たり前なんですけど、結局は『自分の為』なんですよ?気づいてましたか?

『自分の為』になる練習や勉強を何故しない?先輩に怒れらるのは何でなのか?って考えた事はありますか?それは嫌がらせで言ってきてるんじゃないですよ。もしかしたら、そういう人もいるかもしれないけどね。

基本は『あなたの為』に言ってきてくれてるんですよ。「早くスタイリストになりな。」「練習して上手くならないと、お客様こないよ?」って言ってくれてませんか?

もしそんな感じじゃなかったとしても、裏を返せば『自分の為』になるんですよね。全部自分の為なんですよ。

でもこれって『親に反発する子供みたい』じゃないですか?親は毎日のように「勉強しなさい」とか「風邪ひかないようにしなさい」とかどうでも良い事を口を酸っぱくして言ってきますよね?

でもこれって何ででしたっけ?絶対に『あなたの為』ですよね?学校で勉強について行けなかったら可哀想だしとかね。風邪ひいて寝込むのも可哀想とかね。親のウタオにはわかりますよ。心配で仕方ないんですよ。

だけど子供ってそれに気づかないんですよね。「うるせーな!ほっとけ!」って思いますよね?だけど大人になるにつれて、親が言ってた事って本当に大事な事だったかも?って思えるようになってきてると思うんです。どうですか?

「でも親と先輩や上司は違うじゃないですか!」って反論はあると思います。でもねこれ凄い不思議なんですけどね。

『先輩は後輩に愛があるんです。』

ちょっと気持ち悪いですよね?でもそうなんですよ。今ねもう美容師2年目以上の子達なら後輩がいると思うんです。その子達の事を思い浮かべてみて。そして後輩がいない子は、部活とかバイトで後輩ができた時の事を思い浮かべてみてください。

自分が辛い事が多かったら「コイツらには少しでも楽させてやろう」って思いませんか?きっと思った事あると思うんですね。

先輩が何も教えてくれなくて自分が苦労したから、自分はしっかり教えてあげよう!って思った事ありませんか?やっぱり後輩にはみんな優しくなるんですね。

言い方がマジで下手で怒ってるだけの人もいますけどね。ウタオの先輩でもいましたよ。マジでムカつく奴。でも今思うとその先輩が言ってた事をやってたら上手くいってたなって思いますもん。今でも嫌いだけどw

そう考えるとかなり自分達の事も考えてくれてたんだなって思います。本当に気づくのが遅かったなと。その事に気づいていれば自分の立ち位置も変わってきてただろうなと。本当に思いますね。

だから真剣に考える必要があるんです。「自分はこれから何になりたいのか?」「自分はなんで美容師になりたいのか?」って事をね。

きっとみんなそれぞれ美容師になったきっかけは違います。でもそれぞれが描いた夢がありますよね?その為にはまずスタイリストにならないとダメですよね?叶えれないですよね?

そしたら『早くスタイリストになる為には??』って事を考えましょう。そうすると先輩が言ってくれてた事がわかりますよね?

そしたらこっちの物ですよね?後は自分で頑張るだけですからね。一生懸命に頑張るだけです。一心不乱に頑張るだけしか方法は無いんですね。

そしたら先輩が言ってる事が大事な事がわかりますよ?うるさくてウザいって思ってた事が、なんか良い事言ってくれてるなーに変わっていきますからね。そしたらラッキーですよね?

だからこそ先輩ウゼーけど全部自分の為って事を覚えておきましょうね!それだけでも充分ハッピーに仕事ができるようになりますからね!

スポンサーリンク

まとめ

今回のブログは書きなぐった様な感じになってます。昔のクソ生意気だった頃の自分へ書いた物だから、なんだか感情的になってしまいましたよねw。

本当にあの時に気づいてれば苦労しなかったよなーって本気で思ってます。苦労した結果の今だから良いんですけどね。更に良かったよなって思うんですよね。

だからこのブログを読んでくれてる人が若い世代の子達だったら、是非考えを改めてほしいです。そして先輩達が見てくれているんだったら、後輩達に上手くその事を伝えて欲しいんです。

ムカついても本当にその子達の為を思っているんだったら尚更ですね。伝え方って難しいんですよね。でも本当に大事な事ですからね。伝えるのにも勉強と練習が大事なんですよね。

後輩愛が強くて努力する事が好きな人ほど、伝え方が下手ですからね。自分がそういう事で悩んだ事が無いからですね。でもきっと優秀な人でしょうから、しっかり考えて伝えてあげてください。

ウタオも練習は嫌いじゃなかったし、割としてた方だと思います。でも先輩とかに言われると素直にいう事を聞けなかったんですよね。だから色んな人に迷惑をかけたし、自分も苦労してきました。

やっぱり素直が一番ですよ。本当に。美容師は特にそうですね。素直な心を持ってる人ほど成長してますからね。これがマジで大事なんでね、しっかり励んでいきましょうよ!ウタオは今上司ですけどね。

でも目上の人の意見が取り入れるようにしてますからね!がんばろ!

それじゃウタオでした!