スポンサーリンク

努力は質と量も大事だけど『期間』が大事なんじゃないか?

お仕事

こんにちはウタオです!

今日ツイッターを見てたらですね。こんなツイートがありました。

『成果が出ない人の大半が努力が足りない!圧倒的な量を死ぬほどやろう!』

こんなツイートでした。これはブログでも仕事でも何でもそうなんですが、全然成果が出ない人っていますよね?この原因は努力の量が足りないんじゃないか?って事なんですね。

例えば1日1時間じか勉強してるよりも、1日12時間勉強してる方が成果はでるよね?って事ですね。こんなのは当たり前ですしみんな分かってるんですよね。。でもね・・・

( ;´Д`)『それができないんだよぉぉぉぉ!!!!!』

って事なんですよね。みんな努力の仕方ってとりあえず時間をかける事を考えるじゃないですか?でも1日12時間って凄い大変ですよね?仕事をしてるならなおさら厳しいじゃないですか?

一週間に一回12時間の努力も厳しいのに、これを毎日ってなってきたら憂鬱な気持ちにしかなりませんよね?寝る時間3時間も取れないですしね。

でもこれって話だけ聞いてたら『圧倒的な努力』ですもんね?たしかにそうなんです。これを最低でも1年は続ける事で成果は確実にでますよと。うん。死ねますよね。

多分1%以下いやもっとかな0,0001%の人くらいしか継続できないんじゃないでしょうか?だから現実的ではないですよね?しかもですね。努力の度合いって人によって違います。

今回は『努力の量も大事だけど期間を重視するべきなんじゃない?』って話をしていきたいと思います!

それじゃいってみよう!

スポンサーリンク

努力の度合いは人にとって違う。

でもさ努力って難しいですよね?この努力の度合いって人によって全然違うからなんですよね。

例えばA君は自分のしてる努力は死ぬ気で本気でやっていたとするじゃないですか?だから毎日ヘロヘロなんですよ。でもB君にしてみたらA君の努力は全然努力じゃない!みたいな事って絶対になるんですよね。

数字で表すと。いつも努力をゼロしかしてない。まったく何もしてない人が頑張って1の力を出したとしても、その人からしたら凄い努力ですよね?だって今までゼロだったんですから。

でも普段から10の力を出してる人からすれば「あいつ何言っちゃてんの?」って事になるんですよね?ここが難しい所なんですよね。人によって努力の仕方はさまざま。

だから意味がわからなくなるんですよね?だから僕は成果がでるのに努力や質は大事だけど期間を大重要にする必要があると思うわけです。

質より量より『期間』が大事。

質より量より『期間』が大事な理由ってなんでしょうか?これは間違いなく『続ける事に意味がある』からです。

なんでも圧倒的に努力して質も高めていったとします。でもそれを継続できますか?さっきのいつはゼロの力しか出してない人は100の力をどれだけ継続できますかね?

おそらく1時間持てば良い方じゃないでしょうか?1時間やってもうリタイアしてしまうでしょうね。そしたらもう努力する気なんて起きないですよ。また明日も1時間でもやろう!と思ってくれたら良いですけどね。

毎日死ぬ気で努力する事を継続できれば問題ないですけど、絶対に大事なのは

『続ける事』です。

『続ける事』ができなければ何かに取組んでいても成果なんてでるはずないです。だってやめてしまってるわけですからね。やめたら努力なんて意味なくなります。

正確に言うと意味ない事は無いんですが。また何かで使う事もあるかもしれ無いですが、効力は薄くなるでしょうね。

だから大前提で『続ける事』継続する事をしっかり考えないといけないんですね。

続けていれば成果はでるのか?

ここもまた問題になる所ですが。

『続けていれば成果はでるのか?』

これははっきりいって『成果はでます!』続けてれば必ず結果はでますよ!だってやめてしまったら結果がでるかでないかも分からないですからね。

でもどのくらいの期間で成果が出るかが分からないですからね。そこが問題になるんですね。だから努力の量が異常な量であれば早く結果が出るかもしれないし、努力の量が少なくても結果が早く出るかもしれない。

そこはある種の『運』のでもあるんですよね。ここ誰にも分からない。全然努力もしてないのに少しやってみたら凄い成果がでるかもしれない。

もうだれも真似できないくらいの努力をしたとしても、すぐに結果がでるとは限らない。これはまじで分からないので、とりあえずやってみる事が大事になってきます。

やってみたどうなるのか?だから一回やってみて続けてみる。それでどうなるかは時の運が大事になってくる事はかなりあります。

ほとんどの人が結果論

実際僕もいろんな人にあって色んな話をきいたり、勉強したりうしてきました。でもだいたいの人が『結果論』でしかないんですよ。これって本当にそうなんです。

「俺はこんだけの事をやって結果出したんだぜ!!」

って言ったとしても言い方は悪いですけど『たまたま』です。これは絶対にそうなんですよ。いろんな事業をやってみても確実に当たる!って事なんてないわけで。

有名なキャラクターを使ったゲームとかでも売れない時は売れないし、まったくの初心者が作ったゲームがバカ売れする事もあるわけです。

ツイッターでも「このツイートでこんなバズるの?」って絶対に思ってますからね。自分で計算してバズらせてる人がいりのなら毎回バズらせるでしょ?

自分で計算してヒットできる、常に100%の確率でヒットを打てるなら世間はほっとか無いでしょ。みんあいろんな事をお願いしにきますよね?

みんないろんな事をやって失敗した物の方が多いです。その中でヒットした物が出た事がピックアップされていく訳なんですよね。だからこの人は凄いみたいになるんです。

でたまたま一個のツイートを適当にしただけでもバズるやつもいる。YouTubeでも1回の投稿で物凄いファンをつけれる子もいます。でもこれも確実に狙ってないですからね。そりゃ芸能人とかだったらもうファンいますからね。

芸能人がインスタ始めいきなりフォロワーが増えるのってなんでって言ったら。もともとファンがいたからですよね?ここを勘違いしちゃだめですね。

芸能人だっていきなり売れてる人はいないですよね?2世タレントくらいですわね。だからこれも努力の賜物ですから、何者でもない一般人が凄い結果を出そうと思うのであれば時間がかかるのも仕方のない事なんですね。

まとめ

僕も一時の努力するのは得意です。かなり瞬発的な努力なのすが、そこそこの結果はでます。でもいそこそこなんで意味がない。この瞬発的な努力を維持できれば確実に結果はでてたと思います。

だけどそんな体力がない。だっためちゃくちゃ疲れますからね。自分が慣れない事を四六時中やるわけですからね。1週間もてば良い方じゃないでしょうか?

だったら半分の力でも良いからいかに長く続ける事を考えた方が良い。長く続けた方が絶対に成果はでます。成果がでなくても成長します。これは絶対に成長しますからね。

だから結果を求めるのは良い事です。だけど結果がでるかどうか分からないとしても、成長を目的にすれば努力も継続もできるようになりますからね。

自分の中で継続できる方法をしっかり考えて結果がでるまでやり続けましょう!結果がでたらラッキー!くらいの気持ちでやればいいんですからね。

簡単なようで難しい。だからみんなできないから一人だけでもやれば目立ちますからね!

それじゃウタオでした!