スポンサーリンク

努力は必要なのか?って話

勉強

こんにちは!!ウタオです!!!

努力してる??って質問されたらどう答える??「めちゃくちゃしてるよ!」って人もいれば、「努力なんてアホらしくてしてねーよ」って人もいるだろうね。

今回はこの『努力』について話ていこうと思う。

何をするにしても『努力は大事!』って感じで言われるよね?でも全く努力をしてないように見えるのに成功してる人もいるし、逆にもう死ぬほど努力をしてるのに結果の出ない人も沢山いるんだよね。

スポーツの世界だと持って生まれたフィジカルとか運動神経みたいな物は絶対にある。だから努力だけじゃ埋めれない物はやっぱりあると思うんだよね。

だけどその努力じゃ埋めれない物を努力で近づける事は可能なんだよ。食事と練習の仕方で天才と言われる怪物と同等に勝負する事は可能なんだよな。

勉強だってそうだよね?頭の良さも遺伝なんて言われてるけど、その部分もある程度までなら努力で埋める事は十分に可能なわけじゃない?勉強時間が短いのに成績が良い人、メチャクチャ勉強してやっとその域に達する人とさまざだけどね。

要領の問題もあるだろうし、色々な要因があって努力や才能だけで片付けれる物じゃないかもしれないけどね。でもウタオの結論から言わせてもらうと

『努力は必要』

って事になるんだよね。

今『天才』と言われる人達も『努力』をしてる。もしくは『努力』してた時代があったんだよね。

プロゲーマーの『ときどさん』も遠目から見たら天才なんだよね。もちろん天才なんだけど、著書を読んでみると色々な努力をしてる。

もう一人の有名なプロゲーマーの『梅原大吾さん』も努力の天才ってのは間違いないよねって思える。

こういう努力を継続する事で世界が変わる人は絶対にいる。どんな凡人でも努力の量や質を間違えなけらば世界一になれなくても、自分の世界を変える事は可能って事なんだよ。

「でもまったく努力してないのに凄い人がいるじゃねーか!」

と反論する人もいるだろうね?今はこういう本も出てるしね。

有名人だからわざわざ紹介するまでも無いけど『ひろゆきさん』の著書の『1%の努力』って本の題名だけ読むと

「1%だけ努力すれば良いのか」って思ってしまうけどね、そうじゃないんだよね。めちゃくちゃ合理的に考えて必要の無い努力は削っていくって感じなんだよね。

で必要な所には徹底的に努力していくんだよね。ひろゆきさんの場合は努力というよりも自分の興味ある事に何時間も何日も没頭できるんだよね、だから「自分は努力してないっすよー」とか良いながら何時間もパソコンの前に座る事ができるわけだね。

努力の仕方は非常に大事。だけども要領よくできないのであれば量をやる事は大事なんだよ。量をやる事でどんどん何が必要で何が必要じゃないか分かるようになるからね。

自分を変えたいとか凄い人になりたいのなら『努力』は欠かさずにやって欲しい。それだけで人生変わるのなら儲け物じゃない?だからがんばろう!

それじゃウタオでした!

スポンサーリンク
勉強自己啓発
スポンサーリンク
うたおうたこをフォローする
うたうたブログ