スポンサーリンク

全くの初心者経営者が1年間美容室を経営した方法!祝一周年!

美容室開業

こんにちはウタオです!

はい!このブログを書いている2019年10月29日で遂に!!

僕の経営してます美容室が一周年を迎えました!!いやーなんとか1年はやり切りましたね。1年で無くなる店も多い業界ですからね、とりあえずは1年目はクリアしました。

本当にあっという間に一年が過ぎていきました。色んな事がありましたし、色んな人にも会いました。本当に迷惑をおかけして力もいっぱい貸してもらいました。

感謝しかありません!本当にありがとうございます!

さて今回は『初心者経営者が一年とりあえず美容室も経営した方法』を買いていきたいと思います!

それじゃいってみましょう!

スポンサーリンク

いかに経費をかけないか?を本気で考えた

はい。今回はまじの経営の仕方を考えていきます。自分が一番に考えたのは『いかに経費を使わないか』です。

これは当たり前です。当たり前なんですがなかなか難しい所だと思います。どんだけ小さい田舎の美容室であっても経費はかかります。僕もいろんな美容室を見てきました。けど経費を極限まで下げてる所をみた事がありませんでした。

だから「自分だったらもっと経費を安く抑える事ができるんじゃないか?」って事を常に考えました。だから月の必要経費極限まで抑える事ができたのかもしれないです。

だけどお客様に提供する物。お客様の為になる物。この二点が削りやすい部分なんですが、ここを削ってしまってはお客様有りきの商売ですからダメですよね?

だからこの二点はしっかり考えました。薬もはディーラーさんに無理を言いますよね?当たり前ですけどね。自分は日本全国にコミュニティがあるので色んな業者を比較しました。

いやな奴ですけどね。仕方ないスタッフの為でもありますからね。仕方ないです。お客様に提供するお菓子やドリンクも別に出す義務はありません。だけど自分が逆の立場なら出してもらった方が絶対に嬉しい。だからこれも一番経費がかからない選択が必要でした。

清潔で美味しい。しかも安すぎるとダメですよね?だから慎重に色んな人の意見を聞きました。だからドリンクも少し手間がかかるけど自分で作るタイプですね。これも結構面倒ですけど美味しいし安いです。

いかに毎日の事にお金をかけないかをしっかり考える。ただそれだけは絶対に省いちゃダメです。

広告費と家賃の関係

経費はいたる所にかかってきます。だけど一番経費の大きな割合をしめてくるのが『広告費と家賃』ですよね?お菓子や薬も軽視するとじわじわ効いてきますが『広告費と家賃』は爆弾ですよ?ここで大体みんな自爆します。

ここの割合が凄く難しい。もちろん湯水のようにお金をじゃぶじゃぶ使っても良いならいいですけどね。そんなわけにもいきません。

お金があるんだったらできる限りの広告費をかけますよね?テレビに雑誌に新聞にウェブにやれる事は沢山あります。お金をかけすぎるとマジで危険ですからね。だから僕が考えたのが。

「家賃は安い所で広告費をその分使えばいいんじゃね?」

って思ったんですよね。はい。めちゃ当たり前の事を言ってます。だけど店をやる時って色んな葛藤に陥るんですよね。

「家賃は高くても人目につく方が良いんじゃないか?」「綺麗な建物が良いんじゃないか?」「駅が近い方が良いんじゃないか?」こんな事が頭の中でぐるぐる回るんですよ。

もちろん一人暮らしをした事ある人ならあ分かると思うんですが。この3つは家賃が高くなる一番の要因ですよね?この3つを満たしていると確実に家賃は高くなります。

もちろん都会でさらに中心部になると場所関係なく高いです。なので都会で勝負する事もやめました。いかに経費をかけないか?が大事ですので家賃もしかりです。

土地を買って建物を立てる経営者さんも多いですよね?でも僕はこれは愚策だと思ってます。店舗を拡大や撤退が難しくなりそうな気がしたからですね。

もし誰かが土地と建物を提供してくれればいいですけどね?実家を改装して使っていいよとかね。でも残念ながら僕はそんな金持ちな家の生まれでは無いですからね。

そこで考えたのが『シャッター商店街って家賃安いんじゃないか?』です。これはなぜ商店街を選んだのか?それは

シャッター商店街は狙い目

全国的に問題になってる『シャッター商店街』は今は狙い目なんじゃないか?と僕は思ったんですよね。それは『確実に駐車場があるから』です。

田舎の交通手段は間違いなく『車』です。学生の子達以外はほぼ車できます。だから駐車場は必須です。でも以外と駐車場がある物件は少ないです。駐車場があると家賃が高くなったり、人数分停めれない。だから別に駐車場を借りないといけない。そうなると遠くなったりと不便になってしまうんでうね。

でもその点商店街は駐車場がありますからね。これだけでも有難いですよね。僕はたまたま目の前の駐車場も空いてたので一緒に借りてます。でねここで問題なのが『シャッター商店街』ですから人が通らないし、人目に付きません。

家賃を極限まで抑える事ができたのに、お客様が来ないじゃ意味が無いですよね?僕ももう十年以上そこの商店街には足を踏み入れてませんでしたからね。そこで家賃の分を広告費に当てました。

広告にお金をかけてシャッター商店街に人を呼ぶ

今の所ずっと当たり前の事を書きまくってますが。ずっとこの調子です。すいません。

それでシャッター商店街にお客様を呼ぶにはどうするか?もちろん初めからお客様がいる人ならいいです。僕も何人かはいました。だけどお店が変わると来なくなる人も絶対にいます。だから新規の肩も絶対に必要なんですよね。

そうなってくると広告を打たないといけない。でもこれも最初の方に言いましたが、かけすぎると自爆しますよね?

だからこれもリサーチが必要でう。老若男女問わずに集客できるものを。でもこれはやっぱり田舎ですね。めちゃバラバラなんですよね。かなりの人数に聞いてみたりしましが。

一個に絞るのは困難と判断しました。なので最初の一年をだけ色んな広告を打ってみました。そのかわり料金のランクは少し低いのを選びます。フリーペーパーも1ページじゃなく半ページみたいな感じでね。

そうする何個かの媒体でお客様が来てくれます。その中で来てくれるものを絞ります。それで全部やり続ける余力があるんであれば良いですが、勿体ないですよね?だから一つにがっつり絞ります。

その一つに全力を費やすようにすると余分な広告費を打たなくてもすみます。初めから予想がついているのなら一つに絞った方が良いです。打てば打つほど新規客は間違いなく増えます。

だけどそれをやれるスタッフが少ないと無駄に垂れ流すだけですからね。それは勿体ないですのでスタッフがかなり集まった状態での新規出店なら問題ないですが、もし少人数でスタートするならオススメはしないですね。

まとめ

結局はいかにお金をかけないか?を考えるだけなんですけどね。プラスでスタッフも沢山いると良いですけどね。ここはまた二周年で書きましょうかね!笑

お金をかけないって簡単なようで難しいんですよ。

人って金額が大きい買い物をすると少しの金の動きに無頓着になります。110円の物と105円の物が全く同じ物であれば少し遠くても105円の物を買いにいきます。

ネットでも同じ物だったら最安値を探しますよね?でもその違いって本当に誤差程度じゃないですか?でも大きい買い物例えば車や家ですね。

300万の車を買う時に1万でシートを良い物に変更できますよ?って言われたらやりますよね?おそらく10万でもやる可能性あります。10万は良いのに5円はダメみたいなね。

これは経営でも一緒なんですよね。経営の当たり前の金額って桁が違うんですよね。だから経営も主婦だと思ってやりましょう。

スタッフの首を締めてまで節約しろって事じゃないです。ちょっと所でかけるお金を安くする。毎月かかる絶対にかかるお金を安くするだけで良いんですね。

僕全部の契約の時に100円でも安くなるように交渉しましたからね!笑

それでいいんですよ。初めだけですからねそれでいくらか安くなりmしたからね。

もっと長く説明したいんですけど、とりあえずはお金かけんな!で終了ですね。またnoteかこのブログの長編で書きますね!

それじゃウタオでした!