スポンサーリンク

低姿勢こそが最強?低姿勢のすすめ!

人間関係

こんにちはウタオです。

もう美容師をして10年以上になってきました。だからね10年選手になってくるつ少し傲慢になるんですよね。「オレすげーだろ??」ってなりがちなんですよね。

そりゃそうですね。もう10年もしてらベテランの域ですからね。もう自分でお店やったりね、カリスマって言われるようになってるんですよね。

だからどっちかと言うと『教える立場』になってるんですよね。だから質問するよりも質問されるって感じですよね。でもたまーにいるんですよね。

『もうすでに凄い人なのに若者にガンガン質問する人』

周りにもいませんか?なんでも色んな人に質問して教えを請うんですよ。自分よりもめちゃくちゃ若くて経験の少ない人もそうですし、もちろん経験多い人にでもです。

誰にでも対等にあたかも自分が全く何も知ら無い子供みたいにです。しかも『低姿勢』なんですね。

これは本当に凄い事だよなーと関心してしまうんですよね。ベテランなのにいつも一番下っ端みたいな感じなんですよね。でもこんな人たちは間違いなく成功しますよ。

今回のテーマは『低姿勢こそが最強の武器?低姿勢のすすめ!』

でいきたいと思います。自分が今傲慢になってないか?と思う人は一読の価値ありですよ!

それじゃいってみよう!

スポンサーリンク

『低姿勢』であるべき理由

なぜ『低姿勢』であるべきなんでしょうか?これは色んな人に『自分はまだまだですよ』と分かってもらう為ですね。そうすると周りが確実に味方してくれるようになります。

人は自分より強い生き物には対抗心や嫉妬心を抱きます。でも自分を頼りにしてくれる人は放っておけません。だから何とかして助けてやろうとか手伝ってやろうといいう気持ちが出てくる物なんですね。

「でも人によっては舐められるんじゃない?」って思うかもしれません。でもそれで良いんですよ。舐められたとしても有益な情報や物は手に入りますからね。

でもし自分がすでに地位がある人なら、その事に気づいた時に向こうから誤ってきますからね。それで良いんです。なんでもかんでも言う事を聞く事が『低姿勢』じゃないですからね。

『無駄に戦う事をしない』『その人に教えを請う』

これこそが『低姿勢』です。こんな人になって方が人生は得に動いて行く気がしませんか?

『無駄に戦う事をしない』

『低姿勢』でいる事で『無駄に戦う事をしなく』なります。これは人に対抗心を抱かれたり嫉妬にかられる事が無くなるとも言えます。

戦えば戦うほどに敵は増えるし自分も疲弊しますよね?それで勝ち続ける事ができたとしても辛いだけですからね。そんな事より頭を下げてしまいましょう。そっちの方がよっぽど有効です。

相手が向かってきたらヒラリと避けます。避けるというよりも誤ってしまう。逃げるが勝ちじゃなくて謝るが勝ちだと思って生きていきましょう。

人に常に教えを請う

もう一つの低姿勢は『人に教えを請う』ですね。常に人に何でも教えてもらう。これほどパワーのある物はありません。人って聞かれるの好きですからね。

教える事によって自己肯定感が生まれます。「なんか自分すげー」みたいな感覚ですね。根暗の子達でも普段は全然話をしない子達でも『その人が興味のある事なら話まくる』でしょ?これですよ。

人は自分の好きな事や知ってる事には凄く舌が回ります。もうね話がしたくてしたくて堪らないんですよ。だからね気持ち良く色んな話をしてくれます。

そうなるとね、コチラは全然話をしてないのに「アイツは話してると面白いんだよ」ってなるんですよね。これが話上手の基本ですからね。でねもう一個利点があります。

何かを教えた人に対して「自分が教えたんだ!」って気持ちが強くでますからね。凄く良くしいぇくれるようになります。なんか子供とか先生の関係と似てますよね。

色んな人に質問してるうちに話題が教えた人になるます。そうすると質問した自分が中心人物になる日がきますからね。これも低姿勢の成功法則の一つですね。

成功しても『低姿勢』

でね下っ端の時はみんなできるんですよね。でも成功しても『低姿勢』でいれる人は本当に少ないです。

『首を垂れる稲穂かな』って言葉がありますからね。実れば実ほどに頭を下げるって事なんですけどね。でも頭下げるってちょっと違う気がするんですよね。

あくまで『低姿勢』である事が大事です。謝る時は謝らないといけませんかけどね。年下でも経験が浅くても教えてもらう事を恥ずかしいと思わない。

わざわざ威嚇しないし偉そうにしないって事ですね。いつまでも初心を忘れずに常に自分の味方を作っていくイメージです。助けてくれる人が多ければ多いほど成功に近づきますからね。

いつも周りに目をくばって横暴な態度にでなければ良いですからね。ただただ『低姿勢』でいる事を恐れてはいけません。

まとめ

凄く説明するのが難しいんですけどね『低姿勢』ってね。僕たち美容師はアシスタントの時に材料係をやらされるんですけどね。カラー剤とかを発注する係みたいなやつです。

まだアシスタントだしねペーペーですからね。メーカーさんやディーラーさんにもペコペコするんですよ。でねそのメーカーさんやディーラーさんはお客様ですからね。発注してもらうからね。だから対等以下に接してくれます。

でもね経歴が長くなってスタイリストになってから、新人のメーカーさんやらディーラーさんとかが来てくれるとね。まー態度がデカくなるんですよね。人によっては無視しますからね。

まー相手側の人たちも慣れてますからね。全然気にしてないけど僕たちは「昔と全然ちがうよなー」って思ってましたもんね。でもこれってどうなんだろうか?って思いません?

もし自分が逆の立場なら「なんだコイツ」って思いますよね?お客様だから我慢はするけど、本当に困った時に助けてあげたいとは思いませんよね?

でも経歴も長くてですよ?オーナークラスになっても新人営業マンに『低姿勢』だったら凄く印象いいですよね?会社に戻ってもその話すると思いますもん。

悪い噂ろりも良い噂の方が絶対に良いですよね?みんなわかってるのに、おろそかにしてしまいがち何ですよね。

常に自分は下っ端なんだって気持ちを常に持ち続ける。初心忘るべからずって言葉は技術だけじゃない。生活態度にも影響してるんですね。

でそんな『低姿勢』でいるにも関わらず、めちゃくちゃ偉い人だった時の破壊力はやばいですからね!なんか漫画とかでもあるじゃないですか!用務員さんだと思ってた人が会長だったり理事長だったりするやつですよ。

そういう人って人に慕われてるし、色んな人に助けられてるじゃないですか!細かい仕事ややりたくない仕事を部下だけに任せないんですよね。

これからは色んな甘ちゃん達が社会人になってきます。自分達じゃ想像もつかないとうな事が起こりますよ!だったらその子達に聞けばいいんです。

後輩にパワハラされるっていう人もいますけどね。でもそれで落ち込むのって自分に自身があるかですよね?でも初心者だと思えばどうでしょうか?何も知らない人になってしまえば良いんですよね。

そしたら多少嫌な事言われても気になりませんよね?「そんな事も知らないんでか??」って言われても「知らないんだよー」で良いんですよね。

で教えてもらったら猛勉強して追い抜いてやれば良いのですよ!簡単簡単。独学でやるよりずっとか楽ですからね。

教えてもらう事、謝る事は恥ずかしい事じゃないですからね!『低姿勢』でいきましょう!

それじゃウタオでした!