スポンサーリンク

仕事は忙しいければ忙しい程成長はするけど。。。

お仕事

こんにちはウタオです

接客業でも営業の仕事でもそうなんだけど

忙しいければ忙しい程良いみたいな風潮がありますよね。

確かに会社としては忙しければ忙しい程に利益はでもますよね。

だがら非常に良い事なんですが。

社員の子達の成長という面ではどうでしょうか?

僕は美容師なんで忙しい店で、人数はこなせばこなすだけ良い!みたいな風潮がありした。

でも実際のところどうだったんだろうと、美容師以外の仕事の方も照らし合わせて考えていきましょう!

それじゃいしましょう!

スポンサーリンク

後輩達は忙しい事を望んでない?

忙しい事は確かに良い事だし、上司は数字を追いかけまくってるかけど。全然良いんです!むしろそれくらいじゃないとダメだと僕も思うんですけど。

ぶっちゃけ後輩達はそれを望んでないんですよね。

はい、ここが問題なんですよね。

結局上司と部下は思ってる事が違うんです。

上司どしては忙しいくていいな!みたいな気持ちなんですよね?だって頑張ってお客様呼んでるわけですからね。

それで自分達の売り上げも上がれば給料や評価ぎ上がるじゃないですか?

そひたら忙しい方が良いんです。会社としてもです。

だけど

部下達や後輩ひ思ってないですよ?特に美容師のアシスタントは!笑笑

だって忙しくなればなるほど怒られる確率上がりますし、疲れますもん。

この気持ちわかりません?一度は思った事あると思うんですよね。

このすれ違いがあると何言ってもあまり響かないですよね。

後輩が忙しい事は凄い事なんだ!こんだけ忙しくするにはどれ程苦労したんだろう!って思うようになるのは数年後でしょうね。

そうなってくると忙しい疲れた!忙しい疲れたの連続になっていくわけなんですよね。

気持ちのすれ違いが起こると仕事の事で注意しても受け取ってもらえない

忙しいのが嫌な後輩。忙しい事が素晴らしいと思ってる先輩。この2つの意識が共存する事はほぼ不可能でしょう。

忙しい中で何か後輩がミスしたとして、先輩をそれに気づいてくれたとする。

もう気持ちに任せてブチ切れたりしたらダメだけど、先輩は優しく注意して助けてあげたとしても後輩には届きません。

だってテンパってますから。

逆にこのクソ忙しい時に言ってくんじゃねーよ!って思われます。

もっと言うとお前もこの前ミスってたけどな!笑笑

くらいに思ってますからね!笑

それくらい忙しい状況で気持ちのすれ違いが起こると伝わる物も伝わらないんですよね。

本当であれば忙しいのに助けてくれてありがとうですし、まじリスペクト!になる場面なのにです。

それは仕事に必要な技術や勉強にも言えます。

先輩から後輩に技術を継承しようと思ったとしても。

営業前や営業後に先輩がワザワザ来てくれる。もしくは残ってくれてる。

これはある程度の年齢に行ったり自分が教える立場になった時分かるのですが

めちゃくちゃ有り難くないっすか?

いやだってね。みんな家でゆっくりしたいですし、早く帰りたいでしょ?

それは先輩も同じなんですよね?営業忙しかったーって思って疲れてる。先輩も疲れてます。

なのに教えてくれるんですよ?

朝も早く来てくれる。先輩達の方が付き合いだったり結婚してたりするんです。

夜も寝るの遅いでしょう。

でも早く来て教えくれるんですよ?

凄くない?

でも気持ちのすれ違いが起こってる状態だと、それも大きなお世話になるんですよね。

めちゃくちゃ嫌な気持ちになりません?

忙しい状況を作り出して後輩の気持ちが見えないと?

忙しいという状況って人の気持ちが見え辛い。

お客様に集中しまくってるから。そうなると先程話した気持ちのすれ違いが生まれる。

その状況を打破していかないと

離職率が上がります

仕事が嫌になって人がどんどん辞めていくんですよね。

これがマジで問題なんですよね?

後輩達の事を思って!って思ってても。

後輩達は大きなお世話!あの先輩自分のか考えてねーな。とか思ってしまうわけなんですよね。

そしたら仕事が辛くなるのは当たり前。

後輩達もそうだし、先輩達も自分の不甲斐なさを感じて辞めていきます。

この負の連鎖が生まれると良くないのはわかりますよね?

だったらどうすれば良いんでしょうか?

忙しい事を言い訳にしちゃダメ!!!

気持ちのすれ違いの起こる原因かの、忙しい。

これは言い訳になりやすい

忙しいから仕方ない!とか

忙しいから普通の事だ!とか

この言い訳が出てきますいんですよね。

その忙しいって言い訳しないで、何故忙しい事がダメなのか?後輩達はこの気持ち理解してくれないのか?を考えていかないと。

売り上げ伸ばす事や新しいキャンペーンの事ばっかり考えていませんか?

もっとお客様を取るだけ取るんしゃなく、いかに客数を減らしたり、負荷をかけずに客数を上げるかに尽力する方がよっぽど会社にとっては良い事なんですよね。

お客様の単価を上げて客数を減らすだとか。

少し技術の短縮やスピードアップができれば負荷が多少へりますよね?

そうすれば確実に忙しいだけの状況が打破できるんです。

それができるようになっても客数減らさないのはダメですからね?笑

心の余裕がある方が成長しやすい

心の余裕って本当に大事。

心に余裕があれば、技術や気持ちの成長が確実に早くなります。

それくらい後輩達にも時間わかけてあげれるし、その都度指摘もしてあげれる。

その方が成長します

どんどん新しい事をしてくれます。

忙しい環境でとりあえずやらせるのと訳が違う!

見守ってあげる事も可能なんですよね?

更に心の余裕があると怒る事としなくなります。

しっかり指導してあげれますし、言葉も選べます。

そっちの方が後輩ひ気持ちが全然違うと思いませんか?

まとめ

後輩と先輩は気持ちの面で大きく違う。

年齢も違えば経験も違う。そんな子達に自分達と同じ様な気持ちでいるのなんでまず無理なんですよ!

だったら少しだけ落ち着いた環境を用意しましょう!それがお互いなためなんですよね。

そうすれば仕事も早く覚えてくれてイライラしなくてすみますよ?

売り上げを上げる事が正しいと僕は思います。だけどそれは客数を増やす事じゃないんです。

そこら辺を勘違いしちゃダメですよね?

やはり忙しい環境より余裕のある環境の方が成長は早いんです!

だったらそこに環境を持っていく努力をしましょう!それがこれからの時代必須になってきますよ!

自分達と今は違うってはっきり理解しましょう!

それじゃウタオでした!