スポンサーリンク

人には適材適所があるよって話

お仕事

こんにちはウタオです。

最近ね色々と考えるんですけどやっぱり

『人には適材適所があるよね』

って思うんですよね。

これは人には『向き不向きがある』って事ですね。これはおそらおく誰でも感じた事があると思うんですよね?って事はですよ?自分に向いてない事を一生懸命にやってもしんどいだけなんですね。

もちろん努力する事は大事なんです。なんでも始めって上手くできない物ですからね。やり始めたばっかりなのに「むいてないわー」っていって辞めてしまっては本末転倒なわけですね。

一生懸命にやってるけど中々上手く行かない事ってありませんか?きっとそれは自分に向いてないんですね。だからって言ってすぐに辞めろって事じゃないですよ?

もし他にやれる人が居ないんだったら自分でやるしかないんです。だけど自分じゃなくても良い場合ってあるじゃないですか?もし自分よりも上手くできる人がいるのなら、その人に変わってもらうのも良いし教えて貰って実践するのも良いですよね?

そうすれば自分は自分の得意な事を一生懸命にやれば良いんですよ。結局は自分の不得意な事をやっても採算性って上がりにくいんですよね?だからこそ得意な事をやって更に高みを目指した方が絶対に良いんです。

これが本当の『適材適所』なわけなんですね。

基本的に日本人って真面目なんですねw。だからある程度の事は努力だなんとかしようと思うんですよ。それももちろん間違ってないですよ?努力した結果すごい結果を生む人なんて沢山いますからね。

でもめちゃくちゃ時間がかかるわけですよ。それだったら得意な事をやった方が確実い早く結果が出ると思いませんか?

でも自分の得意な事ってみんな頑張らないんですよねw。これ面白くないですか?これには理由があってですね

『得意な事は頑張らなくてもできちゃう』

からなんですね。

頑張らなくてもできてしまうから集中してやろうとしないんですよね?適当にやっても上手くいってしまうんです。そうすると追及しなくなる。でなんとなくできるけど、そこまで結果が出ないっていう状況になるんですね。

で不得意な事は一生懸命にやるんですよね。でその結果、得意な人よりも結果を出してしまうっていう大どんでん返しが出てきてしまうんですよw。「え??それって良い事なんじゃない?」って思いましたよね?

そう別に悪い事じゃないんですよ。でもどうせなら得意な事に対して一生懸命にやった方が確実に楽ですし成果も出やすいって事なんですね。

だからどんな世界でもいるんですよ『苦手な事を一生懸命にやって成功した人』と『得意な事を一生懸命にやって成功した人』って感じでね。でどっちの方が楽かって言ったら??言わなくても分かりますね?

努力できる人は本当に素晴らしいんです。だからその力を最大限に活かすのなら自分の得意な事をに対して力を使った方が効率的なんですね。

なので今いろんな事を任されたりやってる人は今一度考えてみてください。『自分は得意な事なのか?』ってね。

で違うのなた人に任せたり頼りましょう。で自分は特な事をやってあげたら良いんですね。これで上手く回っていきますからね!しっかりと考えて行動してみてくださいね!それじゃウタオでした!