スポンサーリンク

上司や先輩になったら考えるべき言葉の力って話

人間関係

こんにちはウタオです。

今日もきょうとて雨ですね。本当に梅雨は心も曇らせますね。まーそんな事は置いておきましょうw。

さて皆さんは部下だったり後輩っていますかね?おそらく長く働いてるうちに自然とそういう人は出てきますよね?で後輩や部下ができたら指導する事もでてきます。そんな時に気をつけてますか?

『言葉の力』を。

これは本当に大切な事なんですよね。この言葉の力をしっかり考えてないと人を扱う能力は皆無と言ってもいいでしょうね。

これは人によって感じ方が違う。自分もそういう事ありませんでしたか?「この人に言われると納得するけど、この人に言われるとマジで腹たつんだよなー」って経験あると思うんですよね。

あとは「この人の言い方だとマジで傷つくんだよな」とかもあると思うんですよね。これは自分もそういう風に思わせてる可能性があるって事なんですね。

この言葉の力をしっかり理解してないといけません。言葉の力をその人自身の行動や立場によっても変わってきますし、受け取る側との関係性でも大きく左右されてきます。

だから人によって全然違うんですから正解はないんですね。だけどその事を知ってるか知ってないかで大きく変わっていきます。

指導する立場になった時に本当に大きな意味を持ってきますからね。その会社の社長に何かを指導されたりとか、尊敬する人に色々と言われても後輩達はやる気に燃えます。逆にめちゃくちゃヘコむ可能性もありますけどねw。

自分は優しく言ってるつもりが相手にはもの凄く傷つく言葉の可能性も十分にありえるんですね。そのくらいに自分の言葉や発言は気をつける必要が絶対にありますね。

もし自分が言うと角が立つような事であれば誰かに言ってもらうのも一つの手ですね。だけどこれも気をつけないといけないのが、いつも誰かに言ってもらうと「自分でいえよ」って思う人も出てくるところなんですよね。マジで難しいですよね?

「そんな事いちいち気をつけれるはずないでしょ」って思ってる人には部下はついてこないでしょうね。特に今の若い世代はシビアですからね。

LINEとかで連絡を取り合うのが当たり前。画面で相手の顔を見ずにゲームで会話するのが当たり前の世代ですよ?面と向って話をするでけでも警戒してくる世代ですからね、言葉選びを少しでも間違えたら明日から居なくなる可能性だってあります。

基本的に今の若い世代は自分の意見は言いたいだけ良いますけど、自分を攻撃される事を非常に嫌います。防御力0ですからね。全くのゼロです。

文章で言われる事にはあまり抵抗はないみたいですけどね。だけど目を見て怒るとマジで死にます。大ダメージは必須なんですよね。本当に気をつけましょう。

後は自分の立ち位置もしっかり考えないといけませんね。自分が今どういう立場なのか?自分はその人に言えるだけの行動をしているのだろうか?とかね。

結構人は他人の事を見てます。過小評価する傾向もありますからね。だからしっかりと背中を見せる事も大事になってきますね。今も昔もそこは変わらないですね。

でねここで注意して欲しいのがポーカーフェイスでなんでもやらないのは大事ですね。あの人は何をやっても適当に余裕でやってると思われますからね。時にはシンドイ顔もしましょうねw。

言葉は人間関係を円滑にしてくれる武器でもありますが、逆に傷つける効果もありますからね。その事をしっかり頭に入れて行動して発言していきましょうね!

それじゃウタオでした!