スポンサーリンク

フリーランスって結局良くないのか?フリーランスも会社勤めも変わらにでしょ。

業務委託

こんにちはウタオです!

今はツイッターみててもフリーランス批判やら、会社勤め批判やら、いっぱい色んな議論をされてますよね?まー色々な意見もありますから結局は自分で決める事なんで何でもいいんですけど。

今からしっかり道筋を考えていかないと将来困るぜ?みたいな話なんですよ。フリーランスって保証がないから「今は最高だけど年取ったら大変なんじゃね?」みたいな意見が色んな所から飛んでくるわけで。

特に美容師に多いよねこの類の話をする人たちって。結局フリーランスで働いてるくせに保証がない事に不安を抱いている。

僕は美容師って仕事に就こうと思った時から保証なんてどこにも無い!って思って生きてきてるから普通の事じゃん?って感じなんだけどね。

今は銀行でも潰れる時代なのに会社に勤めてたら安心なのかい?って事じゃないですか?なんかそれが腑に落ちない。

今回は『フリーランスは今は良いけど将来的にはダメなのか?』って話をしようと思う。

結論から言うと。間違いなく『どっちでも一緒!』である。

それじゃ僕なりの考えを書いていきます。今からフリーランスになるか、このまま会社で働いていくか迷ってる人に少しでも参考になればと思うよ!

それじゃいってみよう!

スポンサーリンク

フリーランスはこれから不安?

フリーランスはこれからの時代不安しかない!って事を良く耳にするようになった。本当最近の事です。

2020年になったらまた法律が変わるからよりいっそうでしょうね。でもフリーランスの不安っていったいなんでしょうかね?良く言われるのが。

  • 退職金がない
  • 保険がない
  • 保証がない

まー全部同じような事なんですけど。ぼくからしたら「それだけ?」って思うんですよね。

確かに将来も今のままバリバリ働けるのかは誰もわからないですよね?20歳の時と50歳だったら体力が変わってくるのは当たり前。でもそれって会社に勤めてても一緒じゃね?

実際に体が少しづつ衰えていって仕事ができなくなってく、それで会社に勤めたとしてですよ?それでその会社に居させてくれると思いますか?

かなりのプレイヤーで営業成績常にトップみたいな人でも、次の月から売り上げ無かったら首切られるでしょ!って話なんですよ。

フリーランスになった時点である程度のリスクを背負ってるんです。

でもそれが会社勤めだかあって安心できるのか?って事なんですよね。僕は自分で保険やら老後の不安を一気に背負ってるフリーランスの方が、自分で考えて行動する分マシなように思います。

会社ににいれば安心なのか?

会社にいれば安心なのかって話なんですけど。そんな事ないですよね?だっていつ首切られるかわからないですよ?いつ潰れるかわからないですよ?

いつまで元気で働けるかわからないですよ?もう不安を煽ればきりがない。でもそれを信じて働くしかないです。

ぶっちゃけそうじゃないですか?自分はこの会社に勤めて一生懸命やってくんだ!なにがあっても頑張る!って気持ちでやるしかない。

潰れてしまうかもしれないけど、自分が頑張ったら大丈夫かもしれない。それくらいの気持ちでやってないと何かあった時に会社のせいにして、ブーブー言って終わるんですよ。

会社に対して安心を描いているんだとしたら、しっかり考えた方がいい。本当にフリーランスと比べてリスクが無いのか?

そこまで考えてから判断して欲しい。

自分で生きていく力が大事

フリーランスだろうが正社員であろうが自分で生きていく力が大事なんです。自分で生きていく力ってのは何か?

それは今の仕事以外で稼げる何か。今の仕事以外のスキル。これが非常に大事なのは知ってますよね?きっと悩んだ事があるはずなんですよ。

でも何かに手を出した事ありますか?むしろ何かやってますか?だいたいの人が何もしにみたいです。

いつ会社を辞めてもいいようなくらいの収入があれば理想ですが、お小遣い程度のお金が発生するだけでも十分じゃないでしょうか?

投資だって色々あるんだから少しでも投資していけばいいですよね?ただそれだけなんですよ。ただそれだけでも十分に副業として成り立っていく可能性はあります。

なんでもいいから手を出して継続する事をお勧めします。

フリーランスの美容師

僕はフリーランスの美容室を何件か体験してます。まーいろんな考えのオーナーさんがいますよね。

でも結局はフリーランスの美容師っていっても。色んな所を転々としたり、仕事があればカットしにいく!みたいなスタンスを取ってる人って少ないですよ。

結局フリーランスって言ってるだけで殆どが、普通の美容室と何も変わらない仕事運びでやってる美容室がほとんどです。

ある意味サロンに守られてるのは間違いないんですよ。その店で何かあったら店長やオーナーが尻ぬぐいしてくれる。集客サイトに登録してくれる。色んな事で手を貸してくれるんですよね。

でもフリーランスの美容師って言ってる人はそんな気持ちが少ない。それだったら自分で美容室やればいいのにね。でもそんな勇気はない。

フリーランスって業務委託って形態で仕事をしてる人が今は非常に多い。でも結局はお店に守られてる事実を考えた方がいいよね。

業務委託のお店って本当に色んなタイプのオーナーがいて。本当にスタッフの事を本当に考えてくれていて、先にの道筋までいっしょになって考えてくれるオーナー。それとは別に自分の事を優先して今のスタッフを大切にしないで稼げるだけ稼いでやろう!ってオーナーもいる。

前者のオーナーに当たれば間違いなく美容師人生に大きな夢が持てる。逆に後者のオーナーに当たれば働いて働いて今を維持するのに精一杯になる。

結局フリーランスになったとしても、自分でサロンを経営しない限りはスタッフに左右されるんでよね。

美容師で本当フリーランス!って言えるのは自分でサロンを経営してる人だけに言えるんじゃないだろうか?

まとめ

僕はフリーランスって働き方は、本当に自分の働き方を広めるのに非常に良い方法だと思う。自分の可能性を広げる自由な働き方を体験できるからね。

保険や年金の事なんて会社に任せてた事を自分でやる。これだけでも十分に勉強になったし、確定申告お金の勉強になる。

投資や自分んで保険を決めるのも非常に有益だ。だから少しくらいは経験してみて何もデメリットは無いように思う。

会社に勤めてるとそこら辺が曖昧みなりがちですからね。

フリーランスには安定してないからダメ!って声に対しては普通の仕事をしてる人が言うならまだ納得もする。だけど美容師がそれ言う?って僕は思うね。

自分は美容師になろうって決めた時に『水商売』だと思ってたし、周りにもそう言われた。だから人気が無くなれば給料は無い。年を取ればお客様が減る可能性は大いにある。それを自覚しながら美容師になったわけで。

アイドルだって年取ったら人気なくなるじゃん?あれと一緒だと思ってる。だからフリーランスになって業務委託の美容師になった時も何も違和感が無かったんだよね。

美容師も会社で働けば保証してもらえる?そんな事ないでしょ。体が動かなくなったら「はい、さようなら」だよ。むしろ自分から辞める方向で考えてしまうでしょ?

だから必死にお客様が来てくれる努力をするんでだよね。また来たいって思わせる努力をするんでよね。怪我したり体調悪くなったらダメだから年とっても仕事できるように自分を管理していくんです。

それはどんな大手企業に属してても、フリーランスでも、バイトでもそうなんですよ。だから人の事グズグズ言ってる前に自分でやればいい。

それでこんなやり方もあるよ!って教えてやればよくないですか?ボクは今回は少し批判を覚悟で強めに書きまして。もし気分を悪くした方いたらゴメンなさい。でも僕はそう思う。

フリーランスも正社員も結局は頑張らないと!

僕もできるだけ一生懸命にやって、誰かの道筋になれるように頑張る!それでブログみてくれてる子達が少しでも参考になるようなフリーランスの仕事の仕方を書いていくよ!

少し嫌な表現もあったかと思うけど参考になれば嬉しいです!

それじゃウタオでした!