スポンサーリンク

スタッフ教育って一体なんだ?ワクワクする仕組み作り!

お仕事

こんにちウタオです。

色んな職種の方とお話しをする機会の多い美容師なんですが。今は人材不足もあってか、仕事を短期間で覚えさせる様にしてる感じが凄くします。

まー確かに仕事を早く覚えて貰う事は会社としてはメリットしか無いですよね?やっぱり仕事ができる人ほど重宝されるんですからね。でもこの仕事を覚えさせる仕組みって、ちゃんと構築されてるんでしょうか?

結構みんな詰め込まれ過ぎて頭パンクしてる人多いんですよね。これだと辞めてしまう人が多くなってしまうと思いませんか?実際に辞めてしまった人も何人も話をきいてます。

折角ね少ない人材から自分の会社を選んでくれた人がですよ?辞めてしまったら悲しいし、経営者としては勿体無いと思うんですよ。しっかりスタッフ教育を充実さえしていれば、辞めなくてすんで凄く優秀な社員になる可能性も秘めてます。基本優秀じゃ無い人は居ない!ってのがウタオの持論ですので。

だから短期で仕事を覚えてもらう為には、どうしたらいいのか?を真剣に考える必要があるんですね。意外と入った順とかで教育係を任せる事って多いと思うんですよね。1個上の先輩が教育係みたいなね。

全然良いんですけど、その1個上の先輩にも『教育の仕方』って教えてますか?おそらく大体の会社が『その子に任せるスタイル』だと思うんですかえど、どうですか?

全然それでも教える事は可能ですし、やれない事は無いですけどね。でも教育係の子もいっぱいいっぱいになってませんか?だって教育係を教育してくれる人が居ないんですからね。

でもういっぱいいっぱいも二人でタッグを組んでるんですからね。それだと本末転倒というか、全然効率が良くないんですよね。なので今回んテーマは

『教育の仕方はワクワクが必要』

って話をしていこうと思うよ。『ワクワク』ってのは楽しい感情もるけど、「自分でもできるんだ!」っていう達成感を覚えさせる事なんですね。それじゃ詳しく話ていきますね!

それじゃいってみよう!

スポンサーリンク

簡単な事を一個やらせる

まずはいきなり何個も「あれやってこれやって」と無理やり教え込まない事です。確かに面倒です。一個ずつ教えると時間もかかるし、自分の仕事も後輩の仕事も先輩がフォローしないといけません。

でもいきなり初めての事をそんなペースで覚える事ができますかね?メモ取るのも大変ですよ。それでミスしたり、また何度も一緒の事を教える方がよっぽど面倒です。

それだったら『一個の事を確実にやらせる』もう確実にできるまでです。そうすれば一個の事に集中できますから、覚えるのも早いんですね。

これは子供の教育にも似てますよね?とりあえす初めの頃は足し算しかさせない。みたいな要領です。それでどんどん応用を利かせていって、ある程度できるようになったら引き算を教える。って方式ににてますね。

この方式の良い所は『一個を確実に覚える事ができる』のと『達成感を味わえる』って事なんですね。一個を何個も覚えさせる事で確実に完璧に最短で仕事を覚える事ができますね。

で『達成感を味わえる』事の重要性も教えていきますよ!

『達成感』は何故だいじなのか?

ウタオは基本的に『達成感』を重視してます。日本人特有なのかは分かりませんが、自分の事を大した事ないって思ってる人が多いですね。これは親に言われてきたんでしょうね。

ウタオの親は今だにウタオの事を「まだまだ」って言いますね。一生懸命やった事も褒めてもらった事無いですしね。「それくらいやって当たり前」くらいの感じですよね。

でもそうなると『自身がなくなる』ですね。自分のやった事に対して自身がない。そうなると仕事に対しても常に不安を抱く事になります。超絶偉そうなのはダメですし、謙虚な気持ちって大事なんですけどね。

でもそれだけだと仕事ができる様にはなりません。だから常に『達成感』を味あわせてあげるんですね。これは過大評価をしろって事じゃないです。

ちゃんと仕事ができるぞ!って思う所まで持っていってあげるんですね。どんな簡単な事でもできるようになると嬉しいでしょ?その感覚を味わってもらえる所まで引き上げるんですね。

一個一個確実に仕事ができるようにしてあげれば、確実にできるようになりますよね?時間がかかるタイプの子もいるでしょうが。でもそれでも時間をかけて教えたあげましょう。できたら機嫌がある方が燃えるかもしれないです。

だから「3日で覚えれる?」と一応質問して。もし覚えきれなくても「そんなもんだよ!」って言ってあげてください。必死に覚えるように仕向けるのに怒ったらダメですよ?あくまでその子のペースを守ってあげるんですね。

仕事ができるようになってからスピードは言うよにしましょう。あくまで初めの目標は『仕事を確実にできるようになって、達成感を味あわせる』が目標ですからね。

美容師は本当に教えるの下手

美容師はその『一個ずつ教える』ってのが凄い下手です。一気に教えようとするから頭パニックってしまいます。なんか結構美容師って『自分勝手な奴』多いんですよね。

やっぱりちょっと変わってる人が多い職種なのもあるし、自分たちも丁寧に教えてもらった事が無いんでしょうね。だから『怒られながら覚える』みたいな習慣があるんですよね。

でもこれって意味ない気がします。だって怒られるの嫌ですもんね。「え?そんな言い方する?」って事おおいですからね。そりゃ離職率も高くなりますわな。

忙しい店は一変に10個くらい仕事を頼まれたりしますからね。覚えれねーよ。みたいなね。でも順番ミスるとど叱られるるしね。ひどいもんですよね。

一個一個できる事を増やしてあげれば良いんですよ。そうすればできる様になるんですからね。即戦力を求め過ぎてるんですね。ゆっくり確実にですよ。

技術に関してもそうですね。無駄に自主練が多過ぎて全然みんな技術が向上しないんですよね。はっきり言って何年もアシスタントしてたら時間もったい無いですよ。ある程度は経験としてあっても良いと思いますけどね。

カットも本気で教えて本気でやれば半年も年数かからないうちに、ある程度は切れるようになりますからね。何年もカットや技術が受からないようなサロンは、その子の問題もあるけどサロン側にも問題あるでしょ。

ワンレングスを10日で絶対に合格させるってサロンもありますね。良い事ですよね?シャンプー合格したら、その流れでカットのワンレンを練習させる。うまいなーと思いましたよ。

やっぱカットしたいですからね。しかも10日で合格したら嬉しいですからね。転生ん上がりますよね?この達成感があるのと無いのとでは、全然違いますからね。

自分の思うように事が進んでく感覚を覚えさせるのが非常に大事ですよ!

まとめ

今は本当に人口が減少してます。若い世代は非常に大事な人材ですね。で今の子達は無駄に頭が良い。そのくせ根性は無いですからねw。でも自分で自身をつけてあげれば本当に良く仕事をしてくれます。素直な子達が多いですね。

嫌な事は嫌だし、自分の好きな事は一生懸命したいみたいな感じですね。非常に良い事だと思います!だからこそ扱い方を間違えないようにしましょう。

これは若い世代だけの話じゃないですけどね。いろんな人にも当てはまりますからね。しっかりと自分の会社にも当てはめてみてくださいね。これで離職率が少しでも下がって、仕事を最短で覚えてくれるようになると嬉しいですね!

それじゃウタオでした!