スポンサーリンク

スタッフや従業員の営業成績ランキングって必要なのか?まーあっても良いんじゃない。

お仕事

こんにちはウタオです。

ウタオは美容師なんですが、美容師の成績って何で評価されるかって知ってますか?大会に優勝したとかですかね?まー確かに大会やコンテストで優勝するのは本当に凄い事だと思います。でもお店や会社で評価される基準は間違いなく

『売り上げ』です。

はい、もうこれが基準ですね。コンテストでどれだけ凄い成績を上げてようが、どれだけ技術が上手かろうが判断されるのは『売り上げ』ですね。

これは美容師ってのは基本的に『対お客様』じゃないですか?美容師の商品ってのは技術や接客を基本はお客様に提供して、お客様からお金を頂いてるって事になるんですね。

これはどんな職業でもありますよね?誰かしらにサービスなり商品を提供する事でお金を頂いてると。それで会社を運営したり、社員にお給料を支払ったりしてるんですね。

だから売り上げ成績が間違いなく評価の基準になってくるんですね。でね美容師が結構やりがちなのが。

『売り上げをランキング形式で発表する』

はい。。。これってかなりの確率でやりません?営業マンの人でも会社でやってる所は多いんじゃないでしょうか?でもこれって本当に必要なのかな?って思いません??

ウタオは毎回このランキングを見るたびに思ってましたねw。マジでこれ見て喜ぶにって上位の奴だけじゃない???って感じでながめてましたね。って事で今回のテーマは

ランキング形式って本当に必要かい??』

って話をしていきたいと思います。なんとなくした方が良さそう!ってくらいで社員をランク付けしてる会社はヤバイと思った方が良いですよ!

それじゃいってみよう!

スポンサーリンク

ランキング形式でやる気が出る?

ランキングを会社内で発表する意味って一体なんでなんでしょうか?これは色んな意味があってやってると思うんですが、基本的にこれが目的でやってるんじゃないでしょうか?

『従業員同士を戦わせる』

戦わせるって言葉よりも競わせるって感じかな?でもまー意味は同じですよね?これでスタッフ同士で「アイツには負けたくない!」とか「自分の順位を落としたくない」って気持ちにさせてモチベーションをア上げさせよう!っていう思惑なんですよね。

でもそっれって本当にモチベーション上がりますかね?やる気でますかね?ウタオの見解を話していきます。

ウタオ的にはやる気が出るか出ないかって話をすると

( ;´Д`)ウタ「人による」

って感じなんですよね。これは本当に人によるんですよね。「アイツには負けれん!!」って思う人もいれば、「まーなんか知らんが関係ねー」って思う人もいるんですよね。でねこれ結構大切なんですけど。

『アイツには負けれない!って思ってる奴は大体上位』

これ気づいてましたかね?普通に成績が良い人ってのは基本的に負けず嫌いなんですよね。だから間違いなく上位にいる人はすでに、競ってるんですよね。

だからわざわざランキング形式にするまでも無いんですよね。すでに自分の中でライバルを見つけて常に戦ってるんですよね。じゃないとどんな事でもなんとなくで上位に食い込む人なんていないんですね。

だからそういう常に上位にいる人たちは「ドヤ!」って思わてさらに成長させる為にランキングにするのは良い事ですよね。「やっぱり俺は凄い!」とか「先月よりもランキング下げてしまった!」って思う人なんであれば、かなり有効な手段なんですよね。

でも競争心の無い人からしたらどうでしょうか?

ランキングにされると『やる気をなくす』パターン

ウタオ的にはこれが一番ヤバイパターンだと思ってるのが

『ランキングにすると全くやる気が無くなる人がいる』

世の中にはこういうパターンの人も少なからずいます。っていうか7割くらいがそうなんじゃないか?って思えるほど多いですね。これはランキング上位にいない人に多い傾向ですね。

ランキング上位の人は負けず嫌いが集まってます。だから何も言わずともライバルを設定して戦い続ける事ができるんですからね。でもですよ?ランキングの上位にいない人はどうなのか?

やっぱろ争う事を仕事のモチベーションにして無いんですね。だからそいう人達がいきなり戦場出さされたらどうなりますか?

確実に逃げるか降参するでしょう?だって争う気が全くないんですからね。そういうタイプの人に

「もう一歩でアイツに勝てそうだな!」って言った所で

「まーそうっすね、、(マジクソどうでも良いわ)」

ってなりますからね。だからそういう人達の中では『なんでこんなに競わせるの??逆に萎えるんだけど』って思ってしまってるんですね。そうなると本末転倒ですよね?やる気を出させる為にやってるランキングなのにね。

そんな子達は仕事に対する意欲が無いわけじゃないんですね

『誰かと競う事に仕事のやりがいを感じてないって事なんです』

じゃー何を目標にしてるんだろう??って思いますよね?いやね『そんな事すれ考えてない』って事なんですよw。今のままで良いって事なんですね実際。

うちのスタッフにもいますよ?「別にこんくらいあったら良いですわー」みたいな子達ね。自分の中で『こんな物』って感じで決めつけてるんですね。だから上いようが下がいようが関係ないんですね。

こんな子達にランキングを見せた所で「また意味のない事して何やってんだろ??」くらいにしか感じてないですからね。意味が無いからやらなくても良いと思いますよねw。

実は頑張ってたパターン

前の章で話たタイプの『こんな物って決めつけパターン』の子達はなんとなくわかりますよね?基本的にやる気はあんまり無いんでねw。だけどわかりにくいタイプの子もいるんですね。それは

『実はランキングめちゃくちゃ意識してたけど、結果が出なかったタイプ』

はい。このタイプはランキングによってはかなりモチベーションに影響してきます。そうなんですよね、いるんですよねw。

こういうタイプの子は上位を密かに狙ってます。自分なりひ精一杯がんばってるんですね。だけそいざランキングを見てみたらどうでしょうか?ランキングがかなり下の方だったらガッカリしますよね?

間違いなくします。そしたらどうなりますかね?「まだまだ上がいるから頑張るぞ!」って思う事ができるのなら、やる気はなくならないですよね?である程度したらランキング上位にくる素質を持ってます。

だけどスネる人いるんですよね。『スネるタイプ』の人にはランキング見せる時はかなり慎重にした方がいいですよ。上位に食い込んでるなら見せる、で下位の方だったら見せないって感じで使い分ける方が絶対に良い。

そうしないとスネて何もしなくなりますw。「あんなに頑張ったのに、こんな物かよ!じゃーやーめた!!」ってなりますからね。そんな人になってしまったら大変な事ですよね?だってやる気無いから何もしなくなりますからね。

だから会社全体で発表するんじゃなくて、見せる見せ無いを人によってかえると効率が良いって事になりますよね。

まとめ

ランキングってのは一目で自分の位置がわかりますし、負けず嫌いの人からしたら凄く良い起爆剤になり得ます。だけどその裏でやる気を更に無くすタイプの人間もいる事をしっかり覚えておきましょう。

上手く使えば凄い効果を発揮します!だけど逆に変な使いかたをすれば最悪の結果を生みますからね。個人の性質をしっかり考えて、やるかやらないかは判断してくださいね。

ウタオは「まーどっちでも良いんじゃん」って感じですけどねw。

それじゃウタオでした!