スポンサーリンク

スタッフの気持ちを高ぶらせる事が会社の成功につながるよね?って話

お仕事

こんにちはウタオです!

先日ひさしぶりに世界的に有名なネズミさんのキャラクターのいる某ランドにいってきました。僕はあそこ好きなんですよね。本当に時間が早く過ぎていく。。もう夜かよ!って感じにさせてくれる空間ですよね。

関西の方の某スタジオジャパンには無い感じですね。どちらも好きなのですが待ち時間も楽しいには前者かなと。まーそれは置いておいて。

なんにせよスタッフの人達が素晴らしいくないですか?あんなに大きなパーク内で、しかもかなり夏ですので暑い、だけどみんなニコニコしてる。なんかイキイキしてる感じがするんですよね。

もちろん中には疲れてるんだろうな?イラっとしてるんだろうな?って子達も数人はいたけど、あんだけ人いて数人ってヤバいですよね?僕は終始関心しまくりなわけですよ。

やっぱりこれった確実に『ブランド力』だと思うんですよ!これは「このパークで働きたい!から働いてる人達ばかり!』って事ですよね?だからみんなウキウキワクワクして働いてる感じですよね?

今回はこの『ブランド力』について話ていきたいと思います。

それじゃいってみよう!

スポンサーリンク

そこで働く事を夢みた人達

世界中で愛されてるあの某ランドは、本当に知らない人がいないんじゃないか?ってくらいの知名度ですよね?日本人ならほとんどが東京のランドはいった事あるんじゃないでしょうか?

テレビに映画にキャラクターグッズ。本当に見ない日はないくらいの認知度ですよね?だから一度は憧れた人もいるんじゃないでしょうか?

「あのランドで働いてみたい!」ってね。でもこれってなんででしょうか?答えは簡単で。

『単純に感動したから』ですよね?

そうなんです。『感動』したからなんですよね?子供の時にキャストの皆さんが笑顔で手を振ってくれる。なにかある度に話かけてくれる。掃除してくれてる人達もなんかオシャレで楽しそうですからね。

なおかつ極め付けは『自分を連れてきてくれた親も楽しそう』なんですよ。これって凄いですよね?みんな笑顔でニコニコしてるんですから。そりゃ感動もしまうよね。

それで「いつかは自分も働いてみたい!」ってなったのなら間違いなく自分達もお客様に対して一緒のような接客しますよね?これがあのランドの『ブランド力』なんですよね?

みんな楽しく接客するのが当たり前なんですよ。お客様んもスタッフも全員がそう思ってる。これこそがホスピタリティーを大きく上げるが事になってるのは間違いないですよね?

「自分もあのお兄さんにみたいになりたい!」「あんな風に仕事がしたい!」って思ってくれてた子供達へとドンドン継承されていく。こんなに素晴らしい事は会社をしていくうえで最高な状況じゃないでしょうか?

物が盗まれない夢の国

ここで少し話が脱線してしまいますが。僕は手土産とかをカートに乗せたままにして乗り物の順番待ちをしてました。これって凄くないですか?みんなカバンとか高そうなカメラとか、置きっぱなしで1時間くらい放置するんですよ?

普通にに買物とかいってそんな事しても盗まれますよね?盗まれないにせよドキドキしますよね?だけどみんな平気で置いてくんですよ!こらってありえないですよね。

だけどあの場所だと普通なんですよ。もしかしたら無くなったり盗まれてりしてるかもしれない、だけどみんな置いてく。この信頼感はあの『ブランド力』の力ですよね。

「ここに物を置いていっても誰も盗まない。だって夢の国なんだから。」って事になますよね?現に僕もそう思いましたからね。こんなに平和な場所が存在するんだな?って正直思いましたよ。

これもあの場所が生んだ奇跡なんですよね。多分日本だけでしょうが。。

スタッフが仕事に対して憧れを持つとどうなる?

スタッフが仕事に対して憧れを持つとどうなるのでしょうか?これは

『自分の意思で向上心をもって仕事をしてくれる』です。

これは会社を経営してたりとか管理職についてる人なら分かると思います。こんなにありがたい事はないですよね?

基本的に仕事ってみんなイヤイヤやってる感じして。「言われたからやる」に近い感じで仕事をしてると思います。だけどその仕事に強い憧れを持ってる人は間違いなく仕事へ対する気持ちが違う。

自分で自主的に行動していく。「お客様へは笑顔で手を振ってねー」なんて野暮な事は言いません。みんあが当たり前のように手を振ってます。みんなそれを知ってます。

だから言われなくてもやるんですよ。それが普通なんですから。お客様もスタッフもみんな『そうある物なんだ』と思ってる。これが『ブランド力』ですね。

さらに言えば小さい頃から憧れて仕事してくれてる子達はさらに思います「もっとお客様を楽しませる事はできないか?」。

そうなってくると話かけたりとか、なにかパフォーマンスをしようとか色々とやり始めるんですね。これはどんな仕事にも言えます。自分だったら?を追求してくれるですね。

これは仕事をイヤイヤやってる人には無理な事ですよね。

この仕事こうあるべきと思わせる

なので簡単に言うと

『この仕事はこうあるべきと思わせる』

これができてると非常に良いですよね?これは美容師にも言えませんか?

美容師はオシャレであるべきみたいなイメージありませんんか?美容師はオシャレで清潔感があって笑顔みたいなね。これは職業のイメージですよね。

某ランドも間違いなく『こうあるべき』がみんな一致してるんですよ。だから仕事終わりの電車の中でも陰口や悪口を言わないらしいです。言ってる人がいたら周りの気づいた違うスタッフが注意するみたいですからね。

そんな会社見た事ないですからね。『この某ランドはお客様に夢を売る仕事なんだと。だから人の悪い部分が見えちゃダメだと』本当に素晴らしい。

そんな人ばかりじゃないと思うけど。しっかりそこまで考えてくれてるスタッフが多いと嬉しいじゃないですか。だから子供も大人も楽しめるんですね。

実際に遊んでても「ん?なんだこれ?」みたいな事がやっぱり少ないですからね。

お客様とスタッフの気持ちのズレが無いのが良い所なのかもしれないですね。

まとめ

僕も遊びに行ってもこんな事ばっかり考えてました。まじで病気ですよね?少し粗探しをしてしまってる自分が嫌になってきますよね。大人になってしまいました。

だけど本当に変な所が少ないですよね。もう徹底的にかくしてます。汚い所やパークにふさわしく無いものはね。

スタッフの服装にせよ、自販機にせよ、トイレにせよですね。これプラスアルファでスタッフの『こうあるべき』がマッチしてさらに非現実的な感じが漂ってるんですね。

こんな職場は本当に少ないでしょうね。美容室だったら本当に少ないでしょうね。みんな基本的に愚痴ばっかりですからね!笑

自分も経営していて思います。こんな職場になればなーってね。だけど人が多くなってくるとドンドン自分の意思と反してくる子がでてきますからね。

これは自分のブランド力も足りないし、会社のブランド力も足りないんですよね。ぼくもまだまだだなと悔しい思いをしてますね。だからこそあの某ランドは良い見本です。

世界的な大企業と自分を見比べても仕方ないかもしれないですが。自分ももしかしてら凄い会社にできるかもしれないじゃないですか!だからこそ参考になる事は非常に多いですからね。

どんな所に行っても勉強できる事はあるなーと本当に思いましたね。こんなに素晴らしい体験をできた事に感謝です!

さーぼくも頑張ろう!それじゃウタオでした!